FX初心者スレ

リスク管理

リスク管理
図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

リスク管理態勢

銀行は、日常的に、信用リスクや市場リスクといった様々なリスクにさらされております。また、こうしたリスクは、規制緩和の進展や業務の高度化に伴い、さらに多様化、複雑化しております。このため、リスクをいかに適切に管理していくかが、銀行経営における重要な課題となっております。
一方、銀行にとって、リスクは収益の源泉にほかなりません。相応のリスクを取ってこそ、適切な収益を上げることが可能となります。リスクと収益の間には、そのような関係があります。
したがって、銀行は適切な収益目標を定め、そのために発生すると思われるリスクを想定し、適切な管理を行いながら、リスクを取っていくことが必要になります。
こうした中、当行では、リスク管理を経営の最重要課題として位置づけ、期毎に取締役会においてリスク管理計画を定め、より一層のリスク管理態勢の強化とリスク管理水準の向上に全力で取り組んでおります。

リスク管理態勢の整備の状況

当行のリスク管理態勢は、大きく次の4つに分けられます。①コンプライアンス会議のもとにおける法令等遵守管理、②ALM委員会における収益の源泉となるリスクの管理、③信用リスク管理委員会における信用リスクに重点を絞ったリスクの管理、④オペレーショナル・リスク管理委員会における事務リスク、システムリスク等の極小化すべきオペレーショナル・リスクの管理であります。
ALM委員会では、市場リスクや信用リスクの計量化により当行のリスク量を把握し、最適な運用・調達構造の実現と、中長期的な安定収益の確保を目指しております。
また、信用リスク管理委員会では、信用リスク管理、内部格付制度に係る制度設計および検証、バーゼル規制に係る課題対応に取り組んでおります。
一方、オペレーショナル・リスク管理委員会では、オペレーショナル・リスクの実態を特定、評価、モニタリングの上、重要課題について組織横断的に対応を策定する等、オペレーショナル・リスク管理の高度化に取り組んでおります。組織的対応では、オペレーショナル・リスクである事務リスク、システムリスク、法務リスク、人的リスク、有形資産リスクについて、各リスクの主管部署を定め、厳正なリスク管理を行うと同時に、統括部署としてリスク統括部を定め、管理態勢の整備を行っております。
また、リスク管理全般の統括部署である「リスク統括部」は、各リスク主管部署が担当しているリスク管理に関する検証の統括を行っております。
なお、当行のリスク管理体系図は、次のとおりであります。

信用リスク

融資を主たる業務とする銀行にとって、信用リスクの管理が健全性のみならず収益性に関する戦略目標の達成に重大な影響を与えると認識しております。
信用リスクにかかる管理態勢として、リスク統括部を営業関連部門から完全に独立した信用リスク管理部署として定め、「内部格付制度」を当行における信用リスク管理の根幹の制度と位置付け、個社別の与信管理、業務運営等に活用しております。
リスク統括部では、内部格付制度の設計・基準制定および変更、内部格付制度の検証および運用の監視等を所管しており、内部格付制度の適切な運営や格付の正確性・一貫性の確保に責任を負う態勢としております。
一方、審査関連部門は個別与信にかかる審査等を担当しており、営業推進部門から分離し審査の独立性を確保するとともに、融資に関する基本原則を遵守し、お取引先の財務状況や資金使途、返済能力等を勘案した厳正かつ総合的な審査を実施しております。
なお、審査関連部門は、審査関連業務の企画やお取引先の与信にかかる審査を担当する審査部、海運・造船等の審査に特化したシップファイナンス部、企業再生のための経営相談機能をもつ企業コンサルティング部、問題債権を担当する融資管理室の4部室体制としております。
資産の自己査定につきましては、査定基準の制定等をリスク統括部が所管した上で、営業店による1次査定、本部各部による2次査定ののち、リスク統括部による検証を実施する等、厳正な運用体制を確保しております。
また、信用リスク管理強化のためには人材育成が不可欠との観点から、階層別研修の実施等、行員の信用リスク管理能力の向上にも努めております。

市場リスク

市場リスク管理態勢

(注)VaR(バリュー・アット・リスク)
VaR(バリュー・アット・リスク)とは、金利や為替相場、株価等の将来の変動を、統計的手法を用いて推計することによって、一定の期間において一定の信頼性のもとで顕現化する可能性のある「時価ベースの最大損失額」を算出するリスク管理手法です。当行では、いわゆる「政策的に保有している株式」も含めた市場リスクについて、保有期間240日(※)、信頼水準99.9%を前提としてVaRを算出しております。ALM委員会等では、VaRによって把握した「潜在的なリスク」が、自己資本や収益力と比較して、過大になっていないかどうかを常にチェックしております。
(※)2018年度より保有期間を120日としております。

流動性リスク

流動性リスクとは、市場環境の悪化等により必要な資金が確保できなくなったり、または、著しく高い金利での資金調達を余儀なくされるといった、いわゆる「資金繰りリスク」、および市場の混乱等により市場において取引ができなくなる場合や、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされるといった、いわゆる「市場流動性リスク」の2つを意味しております。
当行では、地域における信頼性を背景にした安定的な資金調達力が、流動性確保のための基盤となっております。流動性リスク管理につきましては、半期毎に運用・調達のバランスに配慮した資金計画を策定するとともに、月次ベースで予想・実績を作成し、計画との差異を検証しております。また、市場における取引状況に異変が発生していないかチェックを行い、毎月ALM委員会に報告することにより、市場流動性リスクの顕現化による多額の損失発生を未然に防止する体制としております。
さらに、運用・調達ギャップや資金化可能な有価証券残高等を、ALM委員会および取締役会等へ報告する体制としております。外貨資金につきましては、通貨スワップ等を利用した長期資金調達等によって流動性を確保し、お客さまの外貨資金調達ニーズにお応えしております。

オペレーショナル・リスク

事務リスク

事務リスクとは、役職員が正確な事務を怠ること、事故や不正等を起こすこと、あるいは事務に関連する外部不正が発生することにより損失を被るリスクのことをいいます。取扱商品の多様化やお客さまとの取引量の増加等により、事務リスクも増大する傾向にありますが、当行では、お客さまの信頼にお応えする第一歩は正確な事務処理にあるとの基本的な考え方に立って、堅確な事務処理体制確立のため全力で取り組んでおります。
具体的には、営業店事務のレベルアップを図るため、各種事務規程、マニュアル類を整備し、正確な事務の取扱いに努めるとともに、事務統括部を中心とした本部各部による臨店事務指導を行っております。さらに、営業店自身による自店検査を各店に義務づける一方で、各種研修会を通じて行員の事務管理能力の向上を図る等、事務管理態勢の強化に取り組んでおります。
また、お客さまに関する情報を安全に管理するため、「情報セキュリティ管理規程」をはじめ、より具体的な取扱方法を定めた「情報セキュリティ基準(共通編)」を制定する等、セキュリティ管理態勢の強化に取り組んでおります。

システムリスク

システムリスクとは、コンピュータシステムのダウン・誤作動といったシステムの不備、コンピュータの不正使用、あるいは情報の漏洩・改ざん等に伴い損失を被るリスクのことをいいます。銀行業務の多様化やネットワーク化の進展に伴い、システムリスクはますます増大しております。当行では、システム障害の発生を未然に防止するとともに、万一発生した場合の影響を極小化し、早期の回復を図るため様々な対策を講じております。
具体的には、当行グループの重要システムにつきましては、定期的な点検を実施し、システム障害発生の未然防止に取り組んでおります。また、万が一の障害発生に備え、ホストコンピュータ等の重要機器の代替機設置、営業店とコンピュータセンターを結ぶ通信回線の二重化により、バックアップ態勢を確保しております。さらに、コンピュータセンター自体が災害等により使用できなくなる場合に備えた災害対策システム(バックアップセンターの設置)については、2001年11月より本格運用を開始しております。
また、データの厳正管理、不正使用の防止等、情報システムを安全に管理するため、「情報セキュリティ管理規程」、「情報セキュリティ基準(共通編)・(システム部編)」を制定しております。

NTT東日本、リスク管理会社「NTT Risk Manager」を設立、東京海上日動とトレンドマイクロが共同出資

NTT東日本は2022年6月15日、新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区)を同年7月1日に設立すると発表した。ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する会社であり、当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ。コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。資本金は2億5000万円で、出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。

NTT東日本は、ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区、図1)を2022年7月1日に設立する。当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ(図2)。

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)
拡大画像表示

コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。新会社の概要は記事末の表1の通り。資本金は2億5000万円で、3社による出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。

販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。会社の規模は、初年度10人弱、5年後に30人強を予定する。新会社の代表取締役社長には、一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)が就任する予定(写真1)。

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 リスク管理 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

NTT東日本、リスク管理会社「NTT Risk Manager」を設立、東京海上日動とトレンドマイクロが共同出資

NTT東日本は2022年6月15日、新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区)を同年7月1日に設立すると発表した。ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する会社であり、当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ。コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。資本金は2億5000万円で、出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。

NTT東日本は、ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区、図1)を2022年7月1日に設立する。当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ(図2)。

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)
拡大画像表示

コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。新会社の概要は記事末の表1の通り。資本金は2億5000万円で、3社による出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。

販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。会社の規模は、初年度10人弱、5年後に30人強を予定する。新会社の代表取締役社長には、一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)が就任する予定(写真1)。

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 リスク管理 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

Risk Management in Finance

Will Kenton is an expert on the economy and investing laws and regulations. He previously held senior editorial roles at Investopedia and Kapitall Wire and holds a MA in Economics from The New School for Social Research and Doctor of Philosophy in English literature from NYU.

Thomas J. Brock is a CFA and CPA with more than 20 years of experience in various areas including investing, insurance portfolio management, finance and accounting, personal investment and financial planning advice, and development of educational materials about リスク管理 リスク管理 life insurance and annuities.

Amanda Bellucco-Chatham is an editor, writer, and fact-checker with years of experience researching personal finance topics. Specialties include general financial planning, career development, lending, retirement, tax preparation, and credit.

What Is Risk Management?

In the financial world, risk management is the process of identification, analysis, and acceptance or mitigation of uncertainty in investment decisions. Essentially, risk management occurs when an investor or fund manager analyzes and attempts to quantify the potential for losses in an investment, such as a moral hazard, and then リスク管理 takes the appropriate action (or inaction) given the fund's investment objectives and risk tolerance.

Risk is inseparable from return. Every investment involves some degree of risk, which is considered close to zero in the case of a U.S. T-bill or very リスク管理 high for something such as emerging-market equities or real estate in highly inflationary markets. Risk is quantifiable both in absolute and in relative terms. A solid understanding of risk in its different forms can help investors to better understand the opportunities, trade-offs, and リスク管理 costs involved with different investment approaches.

Key Takeaways

  • Risk management is the process of identification, analysis, and acceptance or mitigation of uncertainty リスク管理 in investment decisions.
  • Risk is inseparable from return in the investment world.
  • A variety of tactics exist to ascertain risk; one of the most common is standard deviation, a statistical measure of dispersion around a central tendency.
  • Beta, also known as market risk, is a measure of the volatility, or systematic risk, of an individual stock in comparison to the entire market.リスク管理
  • Alpha is a measure of excess return; money managers who employ active strategies to beat the market are subject to alpha リスク管理 リスク管理 risk.

What is Risk Management?

Understanding Risk Management

Risk management occurs everywhere in the realm of finance. It occurs when an investor buys U.S. Treasury bonds over corporate bonds, when a fund manager hedges his currency exposure with currency derivatives, and when a bank performs a credit check on an individual before issuing a personal line of credit. Stockbrokers use financial instruments like options and リスク管理 futures, and money managers use strategies like portfolio diversification, asset allocation and position sizing to mitigate or effectively manage risk.

Inadequate risk management can result in severe consequences for companies, individuals, and the economy. For example, the subprime mortgage meltdown in 2007 that helped trigger the Great Recession stemmed from bad risk-management decisions, such as lenders who extended mortgages to individuals with poor credit; investment firms who bought, packaged, and resold these mortgages; and funds that invested excessively in the repackaged, but still risky, mortgage-backed securities (MBS).

How Risk Management Works

We tend to think of "risk" in predominantly negative terms. However, in the investment world, risk is necessary リスク管理 and inseparable from desirable performance.

A common definition of investment risk is a deviation from an expected outcome. We can express this deviation in absolute terms or relative to something else, like a market benchmark.

While that deviation may be positive or negative, リスク管理 investment professionals generally accept the idea that such deviation implies some degree of the intended outcome for your investments. Thus to achieve リスク管理 リスク管理 higher returns one expects to accept the greater risk. It is also a generally accepted idea that increased risk comes in the form of increased volatility. While investment professionals constantly seek—and occasionally find—ways to reduce such volatility, there is no clear agreement among them on how it's best done.

How much volatility an investor should accept depends entirely on the individual investor's tolerance リスク管理 for risk, or in the case of an investment professional, how much tolerance their investment objectives allow. One of the most commonly リスク管理 リスク管理 used absolute risk metrics is standard deviation, a statistical measure of dispersion around a central tendency. You look at the average return of an investment and then find its average standard deviation over the same time period. Normal distributions (the familiar bell-shaped curve) dictate that the expected return of the investment is likely to be one standard deviation from the average 67% of the time and two standard deviations from the average deviation 95% of the time. This helps investors evaluate risk numerically. If they believe リスク管理 that they can tolerate the risk, financially and emotionally, they invest.

Example

For example, during a 15-year period from August 1, 1992, to July 31, 2007, the average annualized total return of the S&P 500 was 10.7%. This number reveals what happened for the リスク管理 whole period, but it does not say what happened along the way. The average standard deviation of the S&P 500 for that same period was 13.5%. This is the difference between the average return and the real return at most given points リスク管理 リスク管理 リスク管理 リスク管理 リスク管理 throughout the 15-year period.

When applying the bell curve model, any given outcome should fall within one standard deviation of the mean about 67% of the time and within two standard deviations about 95% of the time. Thus, an S&P 500 investor could リスク管理 リスク管理 リスク管理 expect the return, at any given point during this period, to be 10.7% plus or minus the standard deviation of 13.リスク管理 5% about 67% of the time; he may also assume a 27% (two standard deviations) increase or decrease 95% of the time. If リスク管理 he can afford the loss, he invests.

Risk Management and Psychology

While that information may be helpful, it does not fully address an investor's risk concerns. The field of behavioral finance has contributed an important element to the risk equation, demonstrating asymmetry between how people view gains and losses. In the language of prospect theory, an area of behavioral finance introduced by Amos Tversky リスク管理 リスク管理 and Daniel Kahneman in 1979, investors exhibit loss aversion. Tversky and Kahneman documented that investors put roughly twice the weight リスク管理 リスク管理 on the pain associated with a loss than the good feeling associated with a profit.

Often, what investors really want to know is not just how much an asset deviates from its expected outcome, but how bad things look way down on the left-hand tail of the distribution curve. Value at risk (VAR) attempts to provide an answer to this question. The idea behind VAR リスク管理 is to quantify how large a loss on investment could be with a given level of confidence over a defined period. For リスク管理 example, the following statement would be an example of VAR: "With about a 95% level of confidence, the most you stand to lose on this $1,000 investment over a two-year time horizon is $200." The confidence level is a probability statement based on the statistical characteristics of the investment and the shape of its distribution curve.

Of course, even a measure like VAR doesn'リスク管理 t guarantee that 5% of the time will be much worse. Spectacular debacles like the one that hit the hedge fund リスク管理 Long-Term Capital Management in 1998 remind us that so-called "outlier events" may occur. In the case of LTCM, the outlier event was the Russian government's default on its outstanding sovereign debt obligations, an event that threatened to bankrupt the hedge fund, which had highly leveraged positions worth over $1 trillion; if it had gone under, it could have collapsed the global financial system. The リスク管理 リスク管理 U.S. government created a $3.65-billion loan fund to cover LTCM's losses, which enabled the firm to survive the market volatility and liquidate in an orderly manner in early 2000.

Beta and Passive Risk Management

Another risk measure oriented to behavioral tendencies is a drawdown, which refers to any period during which an asset's return is negative relative to a previous high mark. In リスク管理 measuring drawdown, we attempt to address three things:

  • the magnitude of each negative period (how bad)
  • the duration of リスク管理 リスク管理 each (how long)
  • the frequency (how often)

For example, in addition to wanting to know whether a mutual fund beat the S&P 500, we also want to know how comparatively risky it was. One measure for this is beta (known as "market リスク管理 リスク管理 risk"), based on the statistical property of covariance. A beta greater than 1 indicates more risk than the market and vice versa.

Beta helps us to understand the concepts of passive and active risk. The graph below shows a time series of returns (each data point labeled "+") for a particular portfolio R(p) versus the market return R(m). The returns are cash-adjusted, so リスク管理 the point at which the x and y-axes intersect is the cash-equivalent return. Drawing a line of best fit through the data points allows us to quantify the passive risk (beta) and the active risk (alpha).

Image

The gradient of the line is its beta. For リスリスク管理 ク管理 example, a gradient of 1.0 indicates that for every unit increase of market return, the portfolio return also increases by one unit. A money manager employing a passive management strategy can attempt to increase the portfolio return by taking on more market risk (i.e., a beta greater than 1) or alternatively decrease portfolio risk (and return) by reducing the portfolio beta below one.

Alpha and Active Risk Management

If the level of market or systematic risk were the only influencing factor, then a portfolio's return would always be equal to the beta-adjusted market return. Of course, this is not the case: Returns vary because of a number of factors unrelated to market risk. Investment managers who follow an active strategy take on other risks to achieve excess リスク管理 returns over the market's performance. Active strategies include tactics that leverage stock, sector or country selection, fundamental analysis, position sizing, リスク管理 and technical analysis.

Active managers are on the hunt for an alpha, the measure of excess return. In our diagram example above, alpha is the amount of portfolio return not explained by beta, represented as the distance between the intersection of the x and y-axes and the y-axis intercept, which can be positive or negative. In their quest for excess returns, active managers expose investors リスク管理 to alpha risk, the risk that the result of their bets will prove negative rather than positive. For example, a fund manager リスク管理 may think that the energy sector will outperform the S&P 500 and increase her portfolio's weighting in this sector. If unexpected リスク管理 economic developments cause energy stocks to sharply decline, the manager will likely underperform the benchmark, an example of alpha risk.

The Cost of Risk

In general, the more an active fund and its managers shows themselves able to generate alpha, the higher the fees リスク管理 they will tend to charge investors for exposure to those higher-alpha strategies. For a purely passive vehicle like an index fund or リスク管理 リスク管理 an exchange-traded fund (ETF), you're likely to pay 1 to 10 basis points (bps) in annual management fees, while for リスク管理 リスク管理 リスク管理 a high-octane hedge fund employing complex trading strategies involving high capital commitments and transaction costs, an investor would need to pay 200 リスク管理 basis points in annual fees, plus give back 20% of the profits to the manager.

The difference in pricing between passive and active strategies (or beta risk and alpha risk respectively) encourages many investors to try and separate these risks (e.g. to リスク管理 pay lower fees for the beta risk assumed and concentrate their more expensive exposures to specifically defined alpha opportunities). This is popularly known as portable alpha, the idea that the alpha component of a total return is separate from the beta component.

For example, a fund manager may claim to have an active sector rotation strategy for beating the S&P 500 and show, as evidence, リスク管理 a track record of beating the index by 1.5% on an average annualized basis. To the investor, that 1.5% of リスク管理 excess return is the manager's value, the alpha, and the investor is willing to pay higher fees to obtain it. The rest of the total return, what the S&P 500 itself earned, arguably has nothing to do with the manager's unique ability. Portable alpha strategies use derivatives and other tools to refine how they obtain and pay for the alpha and beta components of their exposure.

NTT東日本、リスク管理会社「NTT Risk Manager」を設立、東京海上日動とトレンドマイクロが共同出資

NTT東日本は2022年6月15日、新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区)を同年7月1日に設立すると発表した。ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する会社であり、当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ。コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。資本金は2億5000万円で、出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。

NTT東日本は、ユーザー企業のリスク管理に必要な要素をワンストップで提供する新会社「NTT Risk Manager」(東京都新宿区、図1)を2022年7月1日に設立する。当面の事業内容は、コンサルティング、損害保険の販売、リスク対策サービスの開発・提供、の3つ(図2)。

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図1:新会社「NTT Risk Manager」のロゴ(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)

図2:新会社「NTT Risk Manager」の事業内容(出典:NTT東日本)
拡大画像表示

コンサルティング以外の要素については、共同出資会社である東京海上日動火災保険およびトレンドマイクロのアセットと知見を活用する。新会社の概要は記事末の表1の通り。資本金は2億5000万円で、3社による出資比率は非公開だが、NTT東日本が過半数を占める。

販売目標は3年後に20億円程度(コンサルティングが7割、保険が1割程度を見込む)。会社の規模は、初年度10人弱、5年後に30人強を予定する。新会社の代表取締役社長には、一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)が就任する予定(写真1)。

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

写真1:写真左から、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室室長の加藤成晴氏(出資会社代表者)、新会社の代表取締役社長に就任予定の一ノ瀬勝美氏(現職は、NTT東日本 ネットワークセキュリティ推進室 室長)、新会社の代表取締役副社長に就任予定の白石涼子氏(現職は、NTT東日本 経営企画部営業戦略推進室担当部長)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる