オプション取引とは

オプションの使用方法について

オプションの使用方法について
「Win」と「R」のキーを同時に押してファイル名を指定して実行を開きます。
開いたら、空欄に「regedit」と入力してOKをクリックします。

HP LaserJet Pro 多機能プリンター 3101e-3108e - オプションの使用方法について プリンターのセットアップ

すでにイーサネット ケーブルをつないでいる場合は、[イーサネットの概要] 画面がコントロール パネルに表示されます。[ OK ] をタッチし、HP+ 画面がコントロール オプションの使用方法について パネルに表示されたら、[ 続行 ] をタッチしてペアリング コードを取得します。ペアリング コードがコントロール パネル画面に表示されたら、それをメモし、ステップ 7 に進んで、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

接続方法を選択する:

プリンターのコントロール パネルで、接続方法を選択するように求められたら、必要なオプション ( 無線 、 イーサネット 、または ソフトウェアで接続 ) をタッチします。

プリンターがネットワークに正常に接続されると、[正常に接続] 画面がコントロール パネルに表示され、プリンターの IP アドレスが表示されます。

[正常に接続] 画面で、[ OK ] をタッチします。プリンターはファームウェア アップデートを確認して、ペアリング コードを取得します。

コントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

プリンターのコントロール パネルに [イーサネットの概要] 画面が表示されたら、[ OK ] オプションの使用方法について オプションの使用方法について オプションの使用方法について をタッチします。

プリンターのコントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

この方法は、プリンターのコントロールパネルからではなく、ソフトウェアを使用してプリンターを無線 LAN に接続する場合に使用します。

PC またはノートブックの無線 LAN の無線が有効で、無線ネットワークに接続されていることを確認します。

この方法を選択すると、プリンターのコントロール パネルにメッセージが表示され、hpsmart.com/setup にアクセスし (お使いのコンピューターの Web ブラウザーで)、HP Easy Start ソフトウェアをインストールし、セットアップを続行するように指示されます。

お使いのコンピューターで、Web ブラウザーを開き、hpsmart.com/setup にアクセスします。

[新しいプリンターのセットアップ] ページで、[ セットアップを開始 ] をクリックし、[ HP Easy Start オプションの使用方法について のインストール ] をクリックしてソフトウェアをダウンロードします。

ソフトウェアがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして HP Easy Start オプションの使用方法について を開きます。

HP Easy Start では、ネットワークにまだ関連付けられていない無線プリンター (無線ランプが点滅しているプリンター)、または既にネットワークに接続されているイーサネット接続プリンターおよび無線プリンターを検出します。検出されたプリンターが画面に表示されます。

HP Easy Start オプションの使用方法について ソフトウェアの画面の説明に沿って、プリンターをネットワークに接続します。

プリンターを無線 LAN に接続する場合、セットアップ中はコンピューターがプリンターの近くになければなりません。

プリンターに近いことを確認するために、メッセージが HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。プリンターのコントロール パネルで [許可] オプションの使用方法について を選択するよう指示するメッセージです。

プリンターのコントロール パネルの画面で、[ 許可 ] をタッチします。

HP Easy Start はプリンターを構成して、ネットワークに追加します。[ネットワーク設定] 画面が HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。

お使いのネットワークにプロキシ設定が必要な場合は、ソフトウェアで [ プロキシ設定の編集 ] をクリックし、設定を入力して、[ 適用 ] をクリックします。

[ネットワーク設定] 画面で、[ 続行 ] をクリックします。

ファームウェア アップデートを続行するよう求められたら、[ はい ] をクリックします。

HP Easy Start ソフトウェアに [ペアリング コードの生成] 画面が表示されたら、[ ペアリング コードの生成 ] をクリックします。

HP+ 画面が表示されたら、プリンターのコントロール パネルで、[ 続行 ] をクリックします。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

HP Easy Start ソフトウェアの [HP Smart Admin でセットアップを続行する] 画面で、[ HP Smart オプションの使用方法について Adminを開く ] をクリックして、お使いの Web ブラウザーで hpsmart.com/activate ページを開きます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

HP+ スマートプリンターをライセンス認証する:

プリンターと HP アカウントをペアリングし、HP+ 特典を有効にします。

お使いのコンピューターで、Web オプションの使用方法について ブラウザーを開き、hpsmart.com/activate にアクセスして HP Smart Setup を開きます。

HP Smart Setup ページで、以下のオプションのいずれかをクリックします。

[ サインイン ]: 以前に HP アカウントを作成している場合は、このオプションを選択し、アカウントの作成時に使用した電子メールアドレスとパスワードを入力します。

[ アカウントを作成 オプションの使用方法について ]: HP アカウントをお持ちでない場合は、このオプションを選択し、必要な情報 (姓と名、電子メールアドレス、国/地域) を入力し、アカウントのパスワードを作成して、もう一度 [ アカウントを作成 ] をクリックします。

HP アカウントの作成で入力した電子メール アドレスに、確認コードが送信されます。

セットアップ ページに表示されたフィールドに、確認コード (電子メールで受信したコード) を入力し、[ 確認 ] をクリックします。アカウントが確認されたら、[ 続行 ] をクリックします。

求められたら、プリンターのアカウントの種類 (会社管理または個人のもの) を選択し、[ 続行 ] をクリックします。

ペアリングコードの入力を求められたら、前のステップで取得したペアリング オプションの使用方法について コードを入力し、[ 続行 ] をクリックします。

求められたら、お使いのプリンターに名前と場所を指定して、[ 続行 ] をクリックするか、またはこれらの詳細を追加したくない場合は、[ スキップ ] をクリックします。

[ 確認 ] をクリックして、HP+ スマートプリンター要件に同意します。

HP+ ライセンス認証プロセスが開始します。HP+ ライセンス認証が完了すると、メッセージが表示されます。

[ 続行 ] をクリックして、追加のセットアップ オプションを表示します。

[プリンターのセットアップを終了する] ページで、[ 印刷をセットアップしてテストページを送信する ] オプションの隣の [セットアップ] をクリックします。

[印刷のセットアップとテストページの送信] Web ページが表示されたら、[印刷を有効にするには、印刷ドライバをインストールします] オプションの隣の [ インストール ] をクリックして、印刷ドライバをダウンロードします。

ドライバがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして、プリンター ドライバのインストールを開始します。

ドライバのインストールが完了したら、[テスト ページの印刷] の隣の [ 印刷 ] をクリックして、プリンターがセットアップされ、印刷できる状態になっていることを確認します。続いて、[ 完了 ] をクリックして、[テスト ページの印刷をセットアップする] Web ページを閉じます。

[プリンターセットアップを終了] ページの下部で、[ HP Smart Admin に移動 ] をクリックし、HP Smart Admin Web オプションの使用方法について ポータルを開きます。

HP Smart Admin Webポータルでは、プリンターを管理する、印刷使用状況を監視する、他のユーザーを招待してそのデバイスから印刷を有効にする、HP Instant Ink の無料トライアルに参加する、印刷の効率をあげる他の印刷ソリューションに登録する、および HP+ オプションの使用方法について アカウントの設定と通知を管理することができます。

HP Smart Admin Web ポータルページ (hpsmart.com/admin) をブックマークして、プリンター管理のために簡単にアクセスできるようにすることを推奨します。

HP LaserJet Pro 多機能プリンター 3101e-3108e - プリンターのセットアップ

すでにイーサネット ケーブルをつないでいる場合は、[イーサネットの概要] 画面がコントロール パネルに表示されます。[ OK ] をタッチし、HP+ 画面がコントロール パネルに表示されたら、[ 続行 ] をタッチしてペアリング コードを取得します。ペアリング コードがコントロール パネル画面に表示されたら、それをメモし、ステップ 7 に進んで、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

接続方法を選択する:

プリンターのコントロール パネルで、接続方法を選択するように求められたら、必要なオプション ( 無線 、 イーサネット 、または ソフトウェアで接続 ) をタッチします。

プリンターがネットワークに正常に接続されると、[正常に接続] 画面がコントロール パネルに表示され、プリンターの オプションの使用方法について オプションの使用方法について IP アドレスが表示されます。

[正常に接続] 画面で、[ OK ] をタッチします。プリンターはファームウェア アップデートを確認して、ペアリング コードを取得します。

コントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

プリンターのコントロール パネルに [イーサネットの概要] 画面が表示されたら、[ OK ] をタッチします。

プリンターのコントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

この方法は、プリンターのコントロールパネルからではなく、ソフトウェアを使用してプリンターを無線 LAN に接続する場合に使用します。

PC またはノートブックの無線 LAN の無線が有効で、無線ネットワークに接続されていることを確認します。

この方法を選択すると、プリンターのコントロール パネルにメッセージが表示され、hpsmart.com/setup にアクセスし (お使いのコンピューターの Web ブラウザーで)、HP Easy Start ソフトウェアをインストールし、セットアップを続行するように指示されます。

お使いのコンピューターで、Web ブラウザーを開き、hpsmart.com/setup にアクセスします。

[新しいプリンターのセットアップ] ページで、[ セットアップを開始 ] オプションの使用方法について オプションの使用方法について をクリックし、[ HP Easy Start のインストール ] をクリックしてソフトウェアをダウンロードします。

ソフトウェアがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして HP Easy Start を開きます。

HP Easy Start では、ネットワークにまだ関連付けられていない無線プリンター (無線ランプが点滅しているプリンター)、または既にネットワークに接続されているイーサネット接続プリンターおよび無線プリンターを検出します。検出されたプリンターが画面に表示されます。

HP Easy Start ソフトウェアの画面の説明に沿って、プリンターをネットワークに接続します。

プリンターを無線 LAN に接続する場合、セットアップ中はコンピューターがプリンターの近くになければなりません。

プリンターに近いことを確認するために、メッセージが HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。プリンターのコントロール パネルで [許可] を選択するよう指示するメッセージです。

プリンターのコントロール パネルの画面で、[ 許可 ] をタッチします。

HP Easy Start はプリンターを構成して、ネットワークに追加します。[ネットワーク設定] 画面が HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。

お使いのネットワークにプロキシ設定が必要な場合は、ソフトウェアで [ プロキシ設定の編集 ] をクリックし、設定を入力して、[ 適用 ] をクリックします。

[ネットワーク設定] 画面で、[ 続行 ] をクリックします。

ファームウェア アップデートを続行するよう求められたら、[ はい ] をクリックします。

HP Easy Start ソフトウェアに [ペアリング コードの生成] 画面が表示されたら、[ ペアリング コードの生成 ] オプションの使用方法について をクリックします。

HP+ 画面が表示されたら、プリンターのコントロール パネルで、[ 続行 ] をクリックします。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング オプションの使用方法について コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

HP Easy Start ソフトウェアの [HP Smart Admin でセットアップを続行する] 画面で、[ HP Smart Adminを開く ] をクリックして、お使いの Web オプションの使用方法について ブラウザーで hpsmart.com/activate ページを開きます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

HP+ スマートプリンターをライセンス認証する:

プリンターと HP アカウントをペアリングし、HP+ 特典を有効にします。

お使いのコンピューターで、Web ブラウザーを開き、hpsmart.com/activate にアクセスして HP Smart Setup を開きます。

HP Smart Setup ページで、以下のオプションのいずれかをクリックします。

[ サインイン ]: 以前に HP アカウントを作成している場合は、このオプションを選択し、アカウントの作成時に使用した電子メールアドレスとパスワードを入力します。

[ アカウントを作成 ]: HP アカウントをお持ちでない場合は、このオプションを選択し、必要な情報 (姓と名、電子メールアドレス、国/地域) を入力し、アカウントのパスワードを作成して、もう一度 [ アカウントを作成 ] をクリックします。

HP アカウントの作成で入力した電子メール アドレスに、確認コードが送信されます。

セットアップ ページに表示されたフィールドに、確認コード (電子メールで受信したコード) を入力し、[ 確認 ] をクリックします。アカウントが確認されたら、[ 続行 ] をクリックします。

求められたら、プリンターのアカウントの種類 (会社管理または個人のもの) オプションの使用方法について オプションの使用方法について を選択し、[ 続行 ] をクリックします。

ペアリングコードの入力を求められたら、前のステップで取得したペアリング コードを入力し、[ 続行 ] をクリックします。

求められたら、お使いのプリンターに名前と場所を指定して、[ 続行 ] をクリックするか、またはこれらの詳細を追加したくない場合は、[ スキップ ] をクリックします。

[ 確認 ] をクリックして、HP+ スマートプリンター要件に同意します。

HP+ ライセンス認証プロセスが開始します。HP+ ライセンス認証が完了すると、メッセージが表示されます。

[ 続行 ] をクリックして、追加のセットアップ オプションを表示します。

[プリンターのセットアップを終了する] ページで、[ オプションの使用方法について 印刷をセットアップしてテストページを送信する ] オプションの隣の [セットアップ] をクリックします。

[印刷のセットアップとテストページの送信] Web ページが表示されたら、[印刷を有効にするには、印刷ドライバをインストールします] オプションの隣の オプションの使用方法について [ インストール ] をクリックして、印刷ドライバをダウンロードします。

ドライバがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして、プリンター ドライバのインストールを開始します。

ドライバのインストールが完了したら、[テスト ページの印刷] の隣の [ 印刷 ] をクリックして、プリンターがセットアップされ、印刷できる状態になっていることを確認します。続いて、[ 完了 ] をクリックして、[テスト ページの印刷をセットアップする] Web ページを閉じます。

[プリンターセットアップを終了] ページの下部で、[ HP Smart Admin に移動 ] オプションの使用方法について をクリックし、HP Smart Admin Web ポータルを開きます。

HP Smart Admin Webポータルでは、プリンターを管理する、印刷使用状況を監視する、他のユーザーを招待してそのデバイスから印刷を有効にする、HP オプションの使用方法について Instant Ink の無料トライアルに参加する、印刷の効率をあげる他の印刷ソリューションに登録する、および HP+ アカウントの設定と通知を管理することができます。

HP Smart Admin Web ポータルページ (hpsmart.com/admin) をブックマークして、プリンター管理のために簡単にアクセスできるようにすることを推奨します。

Windows10対応!消えた電源オプションの詳細項目を追加する方法

電源オプションの詳細設定



消費電力を削減するために電源オプションを変更することはありますよね。
実は項目の種類は全てのパソコンで同じではなくメーカーによって異なるのです。

電源オプションの詳細項目を追加する

レジストリエディタを開く

レジストリエディタの起動方法

「Win」と「R」のキーを同時に押してファイル名を指定して実行を開きます。
開いたら、空欄に「regedit」と入力してOKをクリックします。

レジストリエディタで、指定の電源オプションを追加する

以下の順番にツリーを辿っていきましょう。
「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SYSTEM」→「CurrentControlSet」→「Control」→「Power」→「PowerSettings」→「54533251-82be-4824-96c1-47b60b740d00」
すると、電源オプションに関連するキーが並んでいるので、
追加したい項目に合わせてキーに変更を加えていきましょう。

最小のプロセッサの状態:893dee8e-2bef-41e0-89c6-b55d0929964c
最大のプロセッサの状態:bc5038f7-23e0-4960-96da-33abaf5935ec
プロセッサ パフォーマンスの向上モード:be337238-0d82-4146-a960-4f3749d470c7

さらに場所を変えて、
「PowerSettings」→「238C9FA8-0AAD-41ED-83F4-97BE242C8F20」
には、システム無人タイムアウト(7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0)という項目もあります。
これは、自動スリープを無効にしているにもかかわらず、勝手にスリープになってしまう問題を解決することが出来る項目です。

DWORD値を変更する

続いて右のウインドウから「Attributes」という名前のキーを探してDWORD値を2に変更します。

電源オプションに項目を追加

すると、追加したい項目が表示されるようになったはずです。
再度、電源オプションを開いて項目が増えていることを確認しましょう。

※「Attributes」がどこにもない場合・・・

DWORD値を追加する

まず、右のウィンドウのなにもない所を右クリックしてDWORD(32ビット)値を選択、新規をクリックします。

最後にもう一度。
レジストリはパソコンの起動に必要で、最も大切な場所です。
くれぐれも、余計な所を改変しないように気をつけて下さい。

Virtual Machines と Virtual Machine Scale Sets を可用性ゾーンのサポートに移行する

アプリケーション層とデータ層の間で適度に短いネットワーク待機時間と良好なパフォーマンスが必要なゾーン デプロイの場合は、近接通信配置グループを使用します。 近接グループは、1 つのネットワーク スパインの下で異なる VM リソースを強制的にグループ化できます。 近接通信配置グループを使用する SAP ワークロードの例については、「SAP アプリケーションで最適なネットワーク待ち時間を実現するための Azure 近接通信配置グループ」を参照してください。

再デプロイ方法

再デプロイするには、VM と VMSS リソースを再作成する必要があります。 コンピューティング リソースの高可用性を確保するには、新しい VM と VMSS に複数のゾーンを選択することをお勧めします。

可用性ゾーンに VM を作成する方法については、以下を参照してください。

移行オプション 2: Azure Resource Mover

Azure Resource Mover を使用する場合

可用性ゾーンがないリージョンから、可用性ゾーンがある別のリージョンに VM オプションの使用方法について オプションの使用方法について オプションの使用方法について または暗号化された VM を簡単に移動するには、Azure Resource Mover を使用します。 Azure Resource Mover を使用するメリットの詳細については、「Azure Resource Mover を使用する理由」を参照してください。

Azure Resource Mover に関する考慮事項

Azure Resource Mover を使用すると、すべてのキーとシークレットがソース キー コンテナーから、ターゲット リージョン内で新しく作成された宛先キー コンテナーにコピーされます。 お使いのカスタマー マネージド キー (Azure Key Vault、ディスク暗号化セット、VM、ディスク、およびスナップショットなど) に関連するすべてのリソースは、同じサブスクリプションとリージョンに存在する必要があります。 ターゲット リージョンがソース キー コンテナーのレプリケート先のセカンダリ リージョンである場合でも、Azure Key Vault の既定の可用性と冗長性の機能は、移動された VM リソースの宛先キー コンテナーとして使用できません。

Azure オプションの使用方法について Resource Mover の使用法

ディザスター リカバリーの考慮事項

通常、可用性ゾーンは VM を高可用性構成でデプロイするのに使用されます。 可用性ゾーンは、ゾーン間の間隔が狭すぎて、自然災害時にディザスター リカバリー ソリューションとしての役割を果たせないことがあります。 ただし、ディザスター リカバリーに可用性ゾーンを使用できるシナリオがあります。 詳細については、「ディザスター リカバリーへの可用性ゾーンの使用」を参照してください。

TwitterにおけるCookieの用途

ピクセルとは、ウェブページやウェブ対応のアプリ、またはメールに組み込まれている少量のコードのことです。Twitterでは、他の多くのサービスと同様に、特定のウェブコンテンツやメールコンテンツの利用の有無を把握する目的で、ピクセルを使用しています。そうしたピクセルの一部は、Twitterから広告主に提供され、広告主のウェブサイトに設置されます。これにより、Twitterは提供するサービスの測定や改善、そしてTwitterエクスペリエンスのカスタマイズ(表示される広告やコンテンツなどのカスタマイズ)を行うことができます。

Twitterではローカルストレージを使用して、パソコンやモバイル端末にデータを保存しています。ローカルストレージのデータは、ウェブナビゲーション機能を有効にしたり、動画プレーヤーの個人設定を維持したり、過去のTwitterサービスの利用状況に基づいて表示するコンテンツをカスタマイズしたり、個人設定を保存したり、広告の効果を測定したりするために使用されます。また、Twitter以外のウェブサイトで利用者に特定の機能を提供する必要がある場合、そのウェブサイトのローカルストレージを使用して、利用者のウェブサイトへのアクセス状況に関する情報を取得することもあります。

  • 認証とセキュリティ
  • 機能
  • 個人設定
  • アナリティクス
  • 研究開発
  • コンテンツのカスタマイズ
  • 広告
  • マーケティング
  • 複数の端末におけるカスタマイズ

これらの分野それぞれにおいて、Cookie、ピクセル、ローカルストレージは、以下の用途に役立てられています。

認証とセキュリティ
Twitterにアクセスした利用者を認証し、関連のあるコンテンツを表示します。また、権限を付与されていない利用者がアカウントにアクセスするのを防止します。これらの技術は以下の用途に使用されています。

  • TwitterやTwitterサービスへのログイン。
  • 利用者のセキュリティとTwitterサービスのセキュリティの保護。
  • 閲覧が限定されているコンテンツの表示。
  • スパム、不正利用、その他Twitterルールに違反する行為の発見と対策の実施。

機能
エラーメッセージを表示したり、複数のアカウントを切り替えたり、1つのブラウザの複数のタブを横断してTwitterサービスを連携したり、パートナーウェブサイトで特定の機能を提供したりします。

個人設定
利用者が使っているブラウザと利用者の個人設定に関する情報を保存します。

  • Twitterの各種サービス(TwitterボタンやTwitterウィジェットを含む)の使いやすさを向上させたり、利用状況を把握したりします。
  • サービスの利用状況(サービスを利用する時間帯や頻度、アクセスしたリンク、アクセス元など)を把握することにより、Twitterエクスペリエンスを最適化します。(同じ目的にGoogleアナリティクスが使用される場合もあります)。
  • 特定のツイート、埋め込みツイート、ボタン、またはタイムラインを見た利用者を数えます。詳細はこちらをご覧ください。
  • Twitterサービスの利用状況(Twitterサービスのパフォーマンス状況を含む)に関するデータを収集します。こうしたデータは、問題の特定、改善の余地の把握、または新しい商品・サービスの開発に役立てられます。
  • オプションの使用方法について
  • Twitterサービスへの更新のテストや、新しい機能およびサービスの構築を行います。

コンテンツのカスタマイズ
トレンド、最近の話題、広告、おすすめのアカウントなどの領域において、より関連性の高いコンテンツを提供することで、Twitterサービスをカスタマイズします。またTwitterでは、以下の技術も使用しています。

  • 新たなコンテンツを表示するため、ローカルストレージを使用して、利用者が過去に表示したタイムラインの特定部分を把握します。
  • Cookieを使用し、Twitterサービスが組み込まれたウェブサイトへのアクセス状況に基づいて、フォローをおすすめするアカウントを表示します。

広告
利用者の広告パートナーウェブサイトへのアクセス状況に基づいて、広告のカスタマイズやパフォーマンスの測定(広告の表示や広告の効果の評価など)を行います。これによって広告主は、提供する広告とコンテンツの質を高め、利用者の興味関心をより集められるようになります。またTwitterでは、以下の取り組みも行います。

  • 利用者のTwitterでのアクティビティやパートナーウェブサイトへのアクセス状況などに基づいて、広告の配信、広告の効果測定、広告表示の精度向上を行います。
  • Googleなど、サードパーティの広告プロバイダーと連携して、Twitterサービスを宣伝します。

マーケティング
メールキャンペーンやウェブマーケティングキャンペーンを配信し、マーケティングの効果を把握します。

複数の端末におけるカスタマイズ
複数の端末すべてにおいてTwitterエクスペリエンスをカスタマイズできるように、利用者がどの端末を使用しているか把握します。

端末やウェブブラウザとTwitterアカウントの関連付けに関する詳細は、 アカウントへのログイン時およびアカウントからのログアウト時のTwitterデータをご覧ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる