FX手法

日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品

日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品
心理学における再現可能性危機:問題の構造と解決策 図1

日本人の「ありがとう」を徹底解剖! キットカット 調査リリース

ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO 高岡 浩三、以下「ネスレ」)は、
「キットカット」の日本発売40周年を記念し、2013年9月1日より「ありがとう & Have a break®」をテーマに40周年キャンペーンを展開しています。これに因み、ネスレではキャンペーンのキーワードである「ありがとう」をテーマに、全国の10代~50代の男女1,000人を対象として、「日常の感謝行為」に関するアンケートを実施しました。

①「ありがとう」の格差とは!?―自分は“言っている”のに人からは“言われない”!?
■「“ありがとう”を言う回数 > 日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品 言われる回数」という「ありがとう」の格差現象
1日に「ありがとう」を言う平均回数は7.5回。対して、言われる回数は4.9回で、言う回数の約3分の2に留まり、「ありがとう」の“格差”が見られました。自分が“言っている”ほどは“言われていない”と感じられているようです。

②不器用な「ありがとう」の実態とは!?―最も「ありがとう」を言えていない相手は「親」!?
■「同僚」には言っても「親」には言わない「ありがとう」の言葉
同僚に意識して「ありがとう」を言っている人は87.3%。対して、自分の親に意識して「ありがとう」を言っている人は61.5%。身近な人ほど感謝の言葉をかけられない、「ありがとう」下手で“不器用”な日本人の実態が浮き彫りになりました。

■現代日本男児の「ありがとう」回数、おじさんは若者の半分!?
男性は上の年代ほど「ありがとう」を言う回数が減り、50代男性の平均(4.3回)は、10代男性の平均(7.8回)の半分に留まります。現代日本では、おじさん世代ほど「ありがとう」に“不器用”なようです。

③「ありがとう」のおトクなパワーとは!?―ストレス知らず! 幸福度アップ! 景気回復? 「ありがとう」は天下の回りもの!!
■「ありがとう」をたくさん言う人はトレスを引きずらず、幸福度も高い
「ありがとう」をたくさん言う人ほど精神的なストレスを引きずりにくいことが分かりました。「ありがとう」を1日に20回以上言う人の36.6%がストレスを受けても1日経てば忘れており、全く言わない人の40.5%が1週間以上引きずるのとは対照的な結果に。加えて、20回以上言う人の幸福度(平均6.8点)は、全く言わない人(平均4.4点)の1.5倍に上っており、ポジティブで“おトク”な「ありがとう」の効果が明らかになりました。

■「ありがとう」をたくさん言う→「ありがとう」をたくさん言われる→景気の受け止め方が良くなる!?
「ありがとう」を言われる回数が多い人は、景気の受け止め方が良くなります(0回の人の平均3.7点/20回以上の人の平均5.0点〈自身が感じる景気の良さを10点満点で採点〉)。「ありがとう」をたくさん言う人ほど言われる回数が増える、という結果も出ており、『「ありがとう」をたくさん言う→たくさん言われる→自身が感じる景気がアップ』という“おトク”な循環が見られました。

◆その他のリサーチトピックス
■「ありがとう」を言いたい職業のトップ3は、「コンビニ・スーパーなどの店員」「バス・タクシーなどの運転手」「医師」

■日本人の2人に1人が、お菓子と一緒に「ありがとう」を伝えている―中でも定番はチョコレート!!
感謝の言葉と一緒にお菓子や飲み物を渡す習慣がある人は48.6%に上り、最も渡されていたのは「チョコレート」でした。

「日常の感謝行為」に関するアンケート調査概要
【調査期間】 2013年7月16日(火)~7月19日(金)
【調査対象】 10代~50代の男女1,000名
【調査方法】 インターネット調査

▼言うほどには伝わっていない「ありがとう」の実態―2億5,000万回の「ありがとう」は何処へ?
1日に「ありがとう」を言う回数の全体平均は7.5回。日本全国で1日におよそ7億5千万回もの「ありがとう」が交わされていることになります。一方、1日に「ありがとう」を言われる回数の平均は4.9回と、言う回数の3分の2程度に留まります。すべての性別・年代において「ありがとう」を言われる回数が言う回数を下回っており、自分が“言っている”ほど人からは“言われていない”と感じてしまう「ありがとう」の格差が明らかになりました。言っているつもりでも相手の意識に残らなかったり、伝わっていない「ありがとう」がたくさんあるとも考えられます。

▼「ありがとう」の安売りをしない50代男性―10代男性の半分しか「ありがとう」を言わない!?
性別・年代別でみると、最も「ありがとう」を言っているのは20代女性で平均11.6回、最下位は50代男性で平均は4.日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品 3回でした。男性は上の年代ほど「ありがとう」を言う回数が減り、50代の平均4.2回は、10代の平均7.8回の約半分。ただし、言う回数と言われる回数に差が見られなかったのも50代の男性で、「ありがとう」が伝わった回数しか言わない、効率的!?な結果に。

▼部下の思いが上司に伝わらないのは当たり前!?
上司・部下間での「ありがとう」の回数について尋ねたところ、上司に対して「ありがとう」を言う回数は、言われる回数を上回ると答えた人が77.2%と圧倒的多数に。一方、部下に対して「ありがとう」を言う回数が、言われる回数を上回ると答えた人も53.9%に上り、言われる回数よりも言う回数の方が多いと感じている上司の方が多いことがわかりました。
部下が上司に伝えているつもりでも伝わっていない、上司は自分の方が伝えているつもり、という上下関係の意思疎通の難しさを感じさせる結果となりました。

▼身近な人ほどうまく言えない「ありがとう」―最も「ありがとう」を言えていない相手は「親」!
「ありがとう」は誰に向けられることが多いのでしょうか。「親」「配偶者」「恋人」「友人」「同僚」のそれぞれに対して、意識的に「ありがとう」を言うようにしているか尋ねたところ、「同僚(87.3%)」「友人(85.0%)」「恋人(84.3%)」「配偶者(77.1%)」と身近になるに従い割合が下がり、最も身近な「親」に対して「ありがとう」を言うようにしている人は61.5%に留まりました。身近な人になればなるほど感謝の気持ちをなかなか伝えられない、「ありがとう」下手な日本人の実態が浮き彫りになりました。

▼「ありがとう」がストレスを吹き飛ばす―言う回数が多い人ほど精神的ダメージを引きずらない!?
1日に「ありがとう」を言う回数が多い人ほど、悲しいこと、傷ついたこと、腹が立ったこと、失敗などに日常の精神的ダメージを引きずらない傾向が見られました。1日に「ありがとう」を20回以上言う人の36.6%が、1日経てばストレスを忘れられると回答。対照的に、全く言わない人の40.5%がストレスを1週間以上引きずっています。この割合は、20回以上言う人では25.8%に留まります。「ありがとう」には、言葉にすることでストレスを低減する力があるのかも知れません。

▼「ありがとう」は、魔法の言葉―言葉に出すだけで自分自身も幸せに!
現在の自身の幸福度を10点満点で採点してもらったところ、1日に「ありがとう」を言う回数に比例して、幸福度が高い結果に。20回以上「ありがとう」を言う人(平均6.8点)は、全く言わない人(平均4.4点)の約1.5倍の幸福を感じていることがわかりました。
「ありがとう」という言葉には、ストレスを吹き飛ばすだけでなく、自分自身を幸せにする力もあるようです。

▼「ありがとう」は天下の回りもの―幸せや好景気となって返ってくる「ありがとう」の言葉!?
「ありがとう」を言われる回数別に幸福度を調べたところ、「ありがとう」を言う回数同様、回数に比例して幸福度が高い結果になりました。20回以上言われる人の幸福度(平均7.1点)は、全く言われない人(平均4.日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品 8点)の約1.5倍。さらに、言う回数が多い人(20回以上の平均6.8点)よりも言われる回数が多い人(20回以上の平均7.1点)の方が幸福度が高いことがわかりました。
また、現在自身が受け止めている景気の良さについて10点満点で採点してもらったところ、こちらも「ありがとう」を言われる回数が多い人ほど高いスコアに。20回以上言われる人(平均5.0点)は、全く言われない人(平均3.7点)に比べ、約1.4倍も景気が良いと感じていることがわかりました。
1日に「ありがとう」を言う回数が増えるほど、言われる回数も増える、という顕著な結果も。「ありがとう」をたくさん言えば言うほど自然と言われる回数も増え、その結果、自身が感じる幸せや景気まで良く感じていく、という正の循環が生まれるようです。「ありがとう」は、人と人との間を循環しながら気分をポジティブにしてくれる言葉なのかもしれません。

▼キーワードは身近な“癒し”―「ありがとう」を言いたい職業
「ありがとう」を言いたい職業をフリーアンサーで聞いたところ、「医師」「警察官」などを抑え「コンビニ・スーパーなどの店員」「バス・タクシーなどの運転手」が上位にあがりました。理由としては、「よく利用するから」「『ありがとうございました』と言われてついつい返したくなる」「対応が丁寧だから」と、身近な存在でありながら、その丁寧な対応に感謝したい人が多いようです。

▼一番印象に残っている「ありがとう」のエピソード ~フリーアンサーより~
これまでで一番印象に残っている「ありがとう」を言われたエピソード、「ありがとう」を言ったエピソードをフリーアンサーで聞いたところ、実にさまざまな声が寄せられました。なかでも、印象的な「ありがとう」のエピソードをご紹介します。

  • 「関西に住んでいたとき飲食店でバイトをしていたのですが、会計のときにお客さんも「ありがとう」ということに驚いた」 日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品
    (東京都/20代/女性/無職)
  • 「シルバーカーで困っているお年寄りに手を貸したら『ありがとう』と笑顔で言っていただいた」
    (東京都/40代/女性/パート・アルバイト・フリーター)
  • 「告白した返事がありがとう。付き合うことはできないけど、そう言ってくれたことは嬉しかった」 日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品
    (埼玉県/20代/男性/学生、浪人生)
  • 「部下の失敗をフォローしたとき。自分もいい上司になれてうれしかった」
    (埼玉県/40代/男性/会社員・会社役員)
  • 「すごく落ち込んでいた時に何度も何度も励ましてくれた友人には今でも感謝しています」
    (宮城県/10代/女性/学生・浪人生)
  • 「親が亡くなったとき、心の底からありがとうと言って送りました」
    (埼玉県/30代/男性/会社員・会社役員)
  • 「生まれてきてくれてありがとうと子供に伝えた時」
    (兵庫県/40代/女性/パート・アルバイト・フリーター)
  • 「宝くじが当たったので『当選金の1万円をください。』と窓口で言ったら現金1万円をくれたので『ありがとう』と言った」
    (東京都/50代/男性/会社員・会社役員)

日本人が選んだ「ありがとう」の“相棒=ベストパートナー”はチョコレート!!
「ありがとう」を伝える「チョコミュニケーション」で景気回復!?
「ありがとう」の気持ちを後押しする「キットカット」“ありがとう”バージョンが登場

日本人にとって「ありがとう」アイテムの定番といえばチョコレート!?
■2人に1人がお菓子と一緒に「ありがとう」を伝えている
感謝の言葉と一緒にお菓子や飲み物を渡す習慣の有無を尋ねたところ、そうした習慣がある人は2人に1人(48.6%)に上りました。また、そうした場面で最も渡されていたのは「チョコレート(習慣がある人の45.3%)」でした。感謝の気持ちと一緒にチョコレートを渡す行為は、広い世代で親しまれています。

■相手を喜ばせるだけでなく心と体の“ブレイク”を届ける効果も
「ありがとう」と一緒にお菓子や飲み物を渡されたときのリアクションについて尋ねたところ、「うれしい(70.6%)」に次いで「気持ちがほぐれる(37.5%)」がランクイン。「一息つこうと思う(22.4%)」という意見も聞かれ、こうした行為は渡した相手に喜ばれるだけでなく、心と体のブレイクを届けるという面でも一役買っているようです。

日本人の「ありがとう」を40周年の「キットカット」でサポート!!
今回ネスレが行った、「日常の感謝行為」に関するアンケート調査では、「ありがとう」という言葉が持つポジティブなパワーが明らかになりました。「ありがとう」をたくさん言う人は、ストレスを溜め込まず、幸福度も高い傾向にあります。また、「ありがとう」をたくさん言う人は、言われる回数も多く、それによって自身が感じる景気の良さまでアップします。
そんなポジティブなパワーを持つ「ありがとう」を強力にサポートするためのアイテムが、「キットカット」に登場です。

■「ありがとう」サポートアイテム! “ありがとうキットカット”が登場
ネスレは「キットカット」の日本発売40周年を記念し、新商品を含む5商品を特別パッケージの“ありがとうキットカット”として9月上旬から順次販売しています。
2003年から実施している受験生応援キャンペーンをきっかけにメッセージツールとしての使い方が広がり、今では、パッケージに応援や感謝の気持ちを手書きして贈り合う習慣が浸透した
「キットカット」。そんな「キットカット」を通じて、普段伝えたいのになかなかうまく伝えられていない「ありがとう」の気持ちを楽しく届けて欲しいという願いを込めて“ありがとうキットカット”をつくりました。
個包装一つ一つに「いつもありがとう」、「ひと息いれてね」、「Thank you!」、「チョコッと御礼」など、渡した相手に感謝の気持ちを届けるワンフレーズを記載。個包装ならびに外包装にはAR ※1 を搭載し、専用アプリを起動させたスマートフォンをかざすことでキャンペーンアーティスト・絢香さんが書き下ろした新曲『ありがとうの輪』の3Dライブ(AR技術を使ったライブ動画)をお楽しみいただけます。周囲の人たちに気軽に、そして楽しく感謝の気持ちを伝えていただける「ありがとう」サポートアイテムです。
ネスレは、「キットカット」を「ありがとう」サポートアイテムとして、日本に一つでも多くの「ありがとう」を増やし、それによって日本人の幸福度向上や心のブレイク、そして景気回復まで後押しします。

参考:「ネスレ キットカット」40周年キャンペーンの紹介
【期 間】 2013年9月1日(日)~2014年2月28日(金)
【内 容】
①40周年記念特別パッケージの販売

  • 「ネスレ キットカット」の既存3商品と新フレーバー2商品を、40周年記念の特別パッケージで期間限定販売します。既存商品の「ネスレ キットカット ミニ 15枚入」「同 3枚入」「ネスレ キットカット
    ミニ オトナの甘さ 13枚入」は9月上旬より順次店頭入れ替え。新フレーバーの「ネスレ キットカット ミニ オトナの甘さ ストロベリー 3枚入」は9月9日より全国のコンビニ限定販売、「同 日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品 12枚入」は9月23日より全国で販売。
  • 個包装には、「いつもありがとう」「ひと息いれてね」「おつかれさま」「チョコッと御礼」など、渡した相手に感謝の気持ちを伝えるワンフレーズを記載しました。「キットカット ミニ」は18種類、「キットカット ミニ オトナの甘さ」「同 ストロベリー」には各12種類のデザインをご用意。さまざまなシチュエーションに合わせた“ありがとう”を届けることができます。
  • 特別パッケージの個包装・外包装にAR ※1 を搭載。無料アプリ「キットカット」を起ち上げたスマートフォン(iPhone、Android)で、パッケージ ※2 を読み込むと、キャンペーンアーティスト・絢香さんが書き下ろした新曲『ありがとうの輪』の3Dライブ(AR技術を使ったライブ動画)をお楽しみいただけます。

※1 「Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)」=「拡張現実」の略で、バーチャルリアリティ技術の1つ。現実環境にデジタル情報を組み合わせて、現実世界を拡張する技術のこと。 日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品
※2 対象商品の個包装パッケージと外包装パッケージの何れでも3Dライブがお楽しみいただけます。

<キャンペーン商品概要>

日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品 日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品
商品名 種類別
名称
熱量
(1枚
あたり)
内容量 希望
小売
価格
(税込)
発売
地域
発売日
ネスレ
キットカット
ミニ
15枚入
チョコ
レート
68kcal 15枚 525円 全国 9月上旬
より
順次入替
ネスレ
キットカット
ミニ
3枚入
チョコ
レート
68kcal 3枚 105円 全国 9月上旬
より
順次入替
ネスレ
キットカット
ミニ
オトナの甘さ
13枚入
準チョコ
レート
菓子
67kcal 13枚 525円 全国 9月上旬
より
順次入替
ネスレ
キットカット 日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品
ミニ
オトナの甘さ
ストロベリー
12枚入
菓子 70kcal 12枚 525円 全国 9月23日
(月)
発売
ネスレ
キットカット
ミニ
オトナの甘さ
ストロベリー
3枚入
菓子 70kcal 3枚 126円 全国
コンビニ
限定
9月9日
(月)
発売

②キットカット『ありがとう応援隊』を特設サイトで公開中
キャンペーンの一環として、“ありがとうを伝えたい人たち”を強力にサポートするWEBコンテンツ、
キットカット『ありがとう応援隊』の特設サイトを公開しています。『ありがとう応援隊』は、依頼者の「伝えたいけれど、伝えられていない“ありがとう”」を相手に届けるサポートをする助っ人軍団。メンバーは、隊長のルー大柴以下、ノッチ(デンジャラス)、川崎亜沙美の3名です。迷子の“ありがとう”を抱えた依頼者のもとに駆けつけ、一緒になって解決します。
「“あのとき言えなかったありがとう”を伝えたい!」「“照れくさくて伝えられないありがとう”を伝えたい!」、そんな気持ちを特設サイトから投稿してください。依頼が採用された3名のもとを、実際に『ありがとう応援隊』が訪問。依頼者の“ありがとう”を相手に届けるお手伝いをします。
なお、『ありがとう応援隊』が依頼者の迷子の“ありがとう”を解決する模様は、順次サイト上にて動画で公開します。

日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品


警察に追われる 理市(瑛太) は、 陽人(守永伊吹) が火事の記憶をたどり罪悪感を感じ始めていることに気づき、動揺していた。
そして、 彦星(清水尋也) のために悲しい嘘で別れを告げた ハリカ(広瀬すず) は、 亜乃音(田中裕子) が警察に連行され一人になってしまった家で、いつも通りの日常を全うしようとするが…。

一方、 舵(阿部サダヲ) を看取る決意をした るい子(小林聡美) は逃亡先の温泉宿で亜乃音とハリカが捕まったというニュースを見るが、舵に添い遂げようという意思は固く…。
そして、鑑別所での生活が始まったハリカの元に彦星から、ある決断を綴った手紙が届く。数ヶ月後、ハリカの元には予期せぬ面会客が現れるのだが…。

やがて少年院を出たハリカは、指名手配中の理市がニセ札を使い続ける中、弁護を担当する 万平(火野正平) にさえ本当の動機を語らない亜乃音が、このままでは事件の主犯格にされてしまうことを知り、理市を捜し出すことを決意する…。

警察に追われながらも最後に 玲(江口のりこ) のもとを訪ねた 理市(瑛太) は、火事の記憶をおぼろげに思い出した 陽人(守永伊吹) が罪悪感を感じ始めていることに気づき、動揺する。そして、 彦星(清水尋也) に治療を受けてもらうために悲しい嘘で別れを告げた ハリカ(広瀬すず) は、 亜乃音(田中裕子) が警察に連行され一人取り残された家で、淋しさに耐えながらも亜乃音と るい子(小林聡美) 、 舵(阿部サダヲ) と共に築いてきた日常を全うしようとしていた。その頃、余命の短い舵を看取る覚悟を決めたるい子は、舵を連れていつか約束した温泉へ。逮捕された亜乃音と連行されたハリカのニュースを旅館の部屋で見たるい子と舵は、自分たちが逃げていることに罪悪感を感じるが、舵と添い遂げようと決めたるい子の意思は固く…。

弁護を申し出た 万平(火野正平) からハリカが鑑別所に入ったと聞き心を痛める亜乃音だが、万平はそんな亜乃音がニセ札作りの本当の動機を語らないことで、事件の主犯格として重い求刑を受けてしまうことに焦りを感じていた。一方、鑑別所で新しい生活が始まったハリカは、かつてネットカフェに共に寝泊まりしていた 有沙(碓井玲菜) と再会し、少し心が和らぐ。そんな中、ハリカの元に彦星から手紙が届く。手紙には、いつかのハリカの嘘に対しての自分が報いることができるのは、治療を受け病気を治すことだという彦星の決意が書かれており、今度は自分からハリカに毎日の出来事を手紙にして送るという内容だった。

三太郎(和田聰宏) 日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品 に付き添われ少年院を出たハリカは、指名手配中の理市が今でも各地でニセ札を使い続け逃亡していることで、亜乃音がニセ札作りの主犯格として裁かれようとしていることを知り、理市を捜し出す決意をする。ある日、陽人にかかってきた無言電話を理市だと見抜いたハリカは、電話を替わり理市と会うことに。そして亜乃音の置かれている現状を伝え、自首するよう説得するが、この期に及んでまだ被害者面をする理市に対しハリカは激怒する。そんなハリカを見て観念した理市は、最後に陽人に会いたいと言い、3人で会うことに。理市は陽人が思い出しかけていた火事の記憶を、嘘の記憶だと伝え、火をつけたのは自分だと話し陽人を安心させるのだった。
そして数年後、刑期を終え、出所の日を迎えた亜乃音。ハリカは照れくさそうに「おかえり」と声をかけ亜乃音を迎える。ようやく、るい子、そして幽霊になった舵とのまた奇妙な4人での共同生活が始まろうとしていたが、ハリカは突然、家を出て一人暮らしをするという決意を亜乃音に伝える。ようやく娘ができ喜んだ矢先の独り立ちに寂しさを隠しきれない亜乃音だったがハリカの決心は固く…。
そうして、またニセモノ家族として歩み始めた4人。それぞれが流れ星に願いを込めて-。

知っているようで知らないビタミンのこと。「ビタミン博士」に聞いてみた!

ハウスウェルネスフーズ 開発研究所 企画運営部 第一グループマネージャー・農学博士。1993年に武田食品工業(現 ハウスウェルネスフーズ)に入社。1997~1998年に農林水産省食品総合研究所(現 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構)にて研修生(会社から派遣)。2011年に神戸大学から学位授与。2013年から現職。所属学会:日本農芸化学会、日本栄養・食糧学会、日本ビタミン学会、日本フードファクター学会、日本食品分析学会、日本香辛料研究会。

生きるために必要な「ビタミン」のほとんどは、ヒトの体内では作れない

生きるために必要な「ビタミン」のほとんどは、ヒトの体内では作れない

山本さん :「ビタミン」とは、ヒトが生きていくために必要不可欠な栄養素のうち、三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)以外の有機化合物の総称です。ミネラルと並んで、微量でもその役割はとても重要で、ヒトの体内で三大栄養素の代謝を助ける、いわば“潤滑油”のような働きをしています。そんなビタミンが不足すると、病気になったり、成長に障害が出たりします。ほとんどのビタミンは体内で作りだすことができません(※)。だから、主に食品から摂取する必要があるのです。
※ビタミンDは日光を浴びると皮膚で作られ、ナイアシンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られますが、食事からの摂取も重要なのでビタミンに分類されています。

「疲れやすさ」や「肌荒れ」はビタミン不足の影響かも?

「疲れやすさ」や「肌荒れ」はビタミン不足の影響かも?

山本さん :確かに、ビタミンは生きていくために重要な部位で優先的に利用されるので、不足していることには気づきにくいです。不足するとすぐに影響が出やすいのがビタミンB1です。ブドウ糖をエネルギーに変換する際に必要な栄養素で、不足すると疲れやすくなります。栄養ドリンクを飲むと途端に調子が良くなった経験がある人も多いのではないでしょうか。それは栄養ドリンクの覚醒作用だけではなく、ビタミンB1が足りていなかったのかもしれません。
女性は食生活が乱れると肌荒れが気になる人も多いと思うのですが、そんな時はビタミンCやビタミンB2が不足しているおそれがあります。ビタミンCと肌との関係はひろく知られていますが、ビタミンB2には皮膚や粘膜の機能を正常に保つ働きがあり、皮膚や髪、爪などの細胞の再生に関係しているので、これらを意識して摂取するとよいと思います。

日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品

5年ほど前. 広島に自分の体型に悩む少女がいた。
そして、過度のダイエット。
見事痩せたのだが、彼女は極度の生理不順になってしまった。

彼女の身体の異変の原因は!?


その少女は5年後、大阪府大阪市にいた。
彼女の名前は千尋さん。このころになっても生理不順は変わらずだったが、健康ではあった。
そして、1年前からある男性と交際を始めていた。


診断の結果は胃腸炎。大きな病気ではないと言われて安堵する千尋。
そして処方された薬を飲むと、一時体調は回復した。
だが彼女の体の異変は密かに進行していた。


しばらくすると胃の痛みに加え、腸がポコポコとする違和感が。
心配になり、今度は別の病院で診察を受けた。
ここでもストレス性の胃腸炎と診断された。 日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品
医師には、お腹の違和感は腸のぜん動運動が原因だと言われた。


だがこの時、彼女の体はとんでもない事態に!
実は. 妊娠していたのだ!!


しかも、この時すでに妊娠6か月。
つまり!嘔吐の原因は「つわり」。
そして、お腹のポコポコは「胎動」!
お腹の中で赤ちゃんが元気に動いていたのだ!!


20180515_02_02.png

陣痛まで妊娠に気づかず生活


その後、千尋さんは超元気に!
妊娠後期になって、つわりがおさまったのだ。
でも妊娠しているなんて知らないから、いつも通りに生活!


仕事へは愛車のママチャリで。
妊婦とは思えないこぎっぷりで爆走!
そして職場でも思いっきり力仕事に精を出していた。

日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品
するといよいよ、何だか腰がものすごく痛くなった。
陣痛の兆候だったのだが. ただの腰痛だと思っていたから
なんと彼に腰に乗ってもらってマッサージを受けた!
果してお腹の赤ちゃんは無事なのか!?


生まれたのは、何と3296gの大~きな女の子!
あれだけの無茶をしていたのだが異常は何もなく、元気に生まれたのだった!!
赤ん坊は柚子ちゃんと名付けられた。


20180515_02_03.png


さらに、骨盤が一般的な女性よりも広かった。
通常は妊娠すると、赤ちゃんが大きくなりお腹が出てくるのだが、彼女の場合、
縦にも横にもスペースが広かったため、そこに赤ちゃんがジャストフィット!!
そのため、ほとんどお腹が出なかったのだ!

9割の人が知らない再現性の危機

Science Fictions: Exposing Fraud, Bias, Negligence and Hype in Science (English Edition)

f:id:honeshabri:20201206193138p:plain

心理学における再現可能性危機:問題の構造と解決策 図1

まず最初の要因である「弱い理論」だが、これは皆のイメージ通りだと思う。逆に「強い理論」の例は物理学である。ここで言う「強い/弱い」とは、知見の根拠相互依存性からなる制約だ。制約が弱いと何が問題なのか。それは仮説の的中率が下がることにある。

f:id:honeshabri:20201206200601j:plain

物理学は最初からハズレがある程度は見えているが、心理学はハズレが見えない

仮に検出力 (本当に差がある時に、差があると判定できる確率) を80%とし、p=0.05の確認を行ったとする。しかし判定対象 (仮説) の9割が間違っていたらどうだろうか。

正しい仮説 誤った仮説
仮説を正しいと判定 8.0% 4.5%
仮説を誤りと判定 2.0% 85.5%

仮説を正しいと判定した場合、その判定が本当に正しい確率は2/3以下である。判定の精度が高くても、そもそも誤った仮説の方が多いからだ*14。真仮説の事前確率が低いと偽陽性が高まるのである。

f:id:honeshabri:20201206193138p:plain

心理学における再現可能性危機:問題の構造と解決策 図1

「審美基準」「出版バイアス」も一つの流れとなっている。心理学者は美しい研究を発表したいと考える。結果が一貫的で物語性があり、そして斬新なものだ。「調べたけど関係ありませんでした」なんて発表を誰がしたいと思うだろう*15。そのため、発表される研究は「上手く行ったもの」が多くなる。これが出版バイアスだ。

そして最後に統計を操るテクニックが使われる。

これはTCGにおけるマリガン (手札の引き直し) みたいなものだ*16。もちろんサンプル数が増えるに連れ、p値の変動は小さくなり正確性は増していく。しかしサンプル数を追加するたびにp値は変動するのだから、偶然pことは起こりうる。それで有意差があると言っていいものだろうか (良くない)。

こういったp値をコントロールする方法は「p Hacking」と呼ばれる。サンプル追加はp Hackingの一つに過ぎないが、多くの研究者が取ってしまいがちなテクニックだ。Leslie K. Johnらが2012年に2000人以上の心理学者を対象としたアンケートでは、サンプル追加を行った研究者は5割を超えた*17。これは俺の予想に過ぎないが、そもそもこの手法が統計を行う上でやってはいけいないことと認識していない人も多いのではないだろうか。サンプル数を増やすのだから、むしろ正確性が増すだろう、と。

p Hackingを紹介すると、研究者がフラットな視点で結果を見れないのが問題だと考える人もいるかもしれない。「この現象はあるに違いない」と決めつけるからそうなるように結果を操作してしまうのだと。これは一理ある。だから二重盲検法というものがあるのだ。だからといって完全にフラットな視点、仮説を立てずにデータを眺めるのはもっと悪い

どんなランダムなデータでも、何かしらの傾向は存在する。それは偶然にすぎないが、たしかにパターンは見えるものだ。

f:id:honeshabri:20201206221411p:plain

Blythwood, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

その偶然のパターンを上手く説明できる理論を考える。こうすれば理論とデータは100%一致するわけだ。この「矢が刺さったところに的を描く」ような行為は、「Hypothesizing After the Results are Known(結果がわかってから仮説を立てる)」の頭文字を取ってHARKingと呼ばれている。

f:id:honeshabri:20201206193138p:plain

日本人が知らなかったバイナリーオプション 金融商品 心理学における再現可能性危機:問題の構造と解決策 図1

もう一度例の図を見てよう。これはループを描いている。新たな研究というものは、先人の研究結果の上に成り立つものである。しかし前提が誤っていたらどうなるか。当然、新たに立てた仮説も誤りとなる。これでさらに理論が弱くなり、真仮説の事前確率は低下する。こうして社会心理学の再現性は低下してしまったのだ。

こうなると、「心理学、特に社会心理学は信用ならない。この分野もはや科学ではないだろ」と言いたくなる人も出るだろう。残念ながら、これは心理学に限った話ではない。もっと科学っぽい分野、例えば生物医学でも同じ問題が起きていた。

生物医学の分野では

世界最大の独立バイオテクノロジー企業アムジェンで働いていたC・グレン・べグリーは、ガン研究のプロジェクトで論文の実験結果を再現できなかった。新薬のアイデアは学術研究機関が発表した論文を元にすることが多い。そしてまず論文の内容を再現から始めるのだが、上手く行かないことが多いのだ。

次の職へ移る前に、べグリーは過去を清算することにした。自分の研究チームが再現できず、諦めていた画期的な53本の論文を選び出すと、それを再現するために活動を開始したのだ。論文の著者本人たちに協力を求めながら再実験を行う。しかし、実験結果を再現できたのは53件中わずか6件にすぎなかった。

  • ドイツの製薬企業バイエルによる2011年の報告では、結果を再現できたのは25%*18
  • アメリカ細胞生物学会が2014年に行ったアンケートでは、回答者の71%が研究結果を再現できなかったことがあると答えた*19
  • 『ネイチャー』誌が2016年に行った調査では、回答した科学者の70%以上が実験の再現に失敗していた

この数字だけを見たら、社会心理学と対して変わらない。これは要因も同様である。生物医学に携わる研究者だって、研究は美しく、上手く行ったものだけを発表したい。統計学を専門としているわけではないから、p HackingやHARKingも行ってしまう。こうして発表された論文を元に新たな研究が行われるのだから、真仮説の事前確率は低下する。ここでもまた負のスパイラルが生じているのだ。

さらに生物医学特有の問題もある。研究に使われている細胞株が間違えていたり、変質していることもある。例えば乳がん細胞株とされていたMDA-MB-435は、実は黒色腫細胞株だということが2000年に判明した*20。この細胞株が摘出されたのは*1970年代**である。間違えられたのはいったいいつから?

しかも恐ろしいのは、黒色腫細胞株であると判明した2000年以降も、MDA-MB-435を使って行われた乳がん研究の論文が発表されていることである。その細胞株が研究に適切か、ちょっと検索すれば分かるのに、それをしない研究者は多いということだ*21。

他にも再現性を下げる生物医学特有の要因は存在する。だが結局の所は、自ら再現性を確かめずに論文を発表するからだろう。それは、個人の問題というより仕組みの問題だ。

インセンティブとプレッシャー

日本は研究者に金が行き渡らないとよく言われる。しかし程度の差こそあれ、資金のことで研究者の頭を悩ませているのはアメリカでも変わりない。研究資金を獲得するには、成果を出し続ける必要がある。

ここでの「成果」とは何か。それはインパクトファクターの高い雑誌で論文を発表することである。もちろんインパクトファクターの高さは、論文の質の高さを保証しない。はてブの多い記事が必ずしも良い記事というわけではないのと同じである*22。しかしはっきりと示される数値なので、とても参考にしやすい。インパクトファクターを使えないなら、学部長たちはどうやって研究を評価すればいいのか。読む記事を人気エントリーから選んでいる人は、その気持ちが良く分かるだろう。

なので研究者たちはインパクトファクターの高い雑誌に論文を投稿するため、研究活動を最適化させる。既存の研究の再確認は時間の無駄である。新規性のある内容をより早く、より多く投稿する。サンプル数は最低限、なぜなら資金は限られているから。確実性より拙速を重視だ。インパクトのある内容ではてブを稼げ!

検査手順の標準化。例えば病理学の専門家と臨床腫瘍学の専門家を代表する2つの主要な職能団体は、2010年に新しいルールを定めた。その中には乳房組織の保存を手術から1時間未満にすることを求めている。それ以上放置すると組織が劣化し、検査によって検出される分子が分解されてしまうからだ。

そして何より透明性である。方法や結果をより細かく公開する。そうすれば再現に失敗する確率は下がるし、研究手法の問題もよく分かる。なんなら仮説さえも公開するのはどうか。事前審査付き事前登録制度はその一つだ。実験を行う前に、研究者は自分が何を求め、何をしようとしているのかを登録しなくてはいけない。そうすれば問題のある手法は予め指摘できるし、研究の途中でゴールを動かすことも防ぐことができる。

再現性の危機は、すぐには解消されないだろう。しかし、説明できる問題は半分解決しているとも言われる。この先はマシになっていくと思うが、どうだろうか。

なのでやはり重要なのは透明性ではないか。自分が何を根拠に書いているのか、そのソースを明確にするのだ。そうすれば間違っている場合、他者が簡単に指摘できる。ネットには学問の世界と同様、自己修正機能が備わっている。実際、ステレオタイプ脅威の記事は3日も経たずに指摘を受けた。自己修正機能を最大限に活かせるよう心がけていきたい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる