デモトレード

株価チャートストキャスティクスとは

株価チャートストキャスティクスとは
9

ストキャスティクスの設定と使い方、RSIとの違い

ストキャスティクス

ストキャスティクス

出典: TradingView提供のチャート

★ストキャスティクスとは 株価チャートストキャスティクスとは
ストキャスティクスは相場の過熱感(買われ過ぎ・売られ過ぎ)を表示するインジケーター

★ストキャスティクスの種類
ファストストキャスティクス
スローストキャスティクス

★ファストストキャスティクス 株価チャートストキャスティクスとは
・「%K」と「%D」の2本のラインを利用
・相場の動きに迅速に反応するが、短期トレード向きで「だまし」が多い

★スローストキャスティクス
・「%K」と「Slow%D」の2本のラインを利用
・ファストよりも「だまし」が少ない

ストキャスティクス 比較

出典: SBI証券アプリ提供のチャート

株価チャートストキャスティクスとは

副管理人アイコン

ストキャスティクスの計算式

ストキャスティクスの見方と使い方

管理人アイコン

★基本的な使い方
レンジ相場(ボックス相・保ち合い相場)に向いており、強いトレンドが出ている時はラインが100か0に張り付いてしまうことが多くて不向き。レンジ相場での逆張りで利用される。

★買いシグナル
・「Slow%D」が0~20%(売られすぎ水準)にある時に「買いシグナル」と判断
・20%以下で「%K」が「Slow%D」をゴールデンクロスすると強い買いシグナル

★売りシグナル
・「Slow%D」が80~100%(買われすぎ水準)にある時に「売りシグナル」と判断
・80~100%で「%K」ラインが「Slow%D」をデッドクロスすると強い売りシグナル

ストキャスティクス 使い方

出典: SBI証券アプリ提供のチャート

ストキャスティクスはダイバージェンスがねらい目

副管理人アイコン

管理人アイコン

管理人アイコン

ストキャスティクス ダイバージェンス

出典: TradingView提供のチャート

管理人アイコン

H2:ストキャスティクスの設定値

副管理人アイコン

管理人アイコン

ストキャスティクスとRSIの違い

RSIとは

RSIはパラボリックなどのテクニカルツールを開発した米国のワイルダーが開発したオシレータ系テクニカルチャートのひとつで、「Relative Strength Index」の頭文字を取った用語です。

ストキャスティクスとRSI

出典: TradingView提供のチャート

ストキャスティクスとRSIの違い

管理人アイコン

RSIとの違い

出典: TradingView提供のチャート

副管理人アイコン

テクニカル関連情報

まだコメントがありません

この記事にコメントする

コメントをキャンセル

よく読まれているブログ

バルチック海運指数

バークシャーハサウェイ ポートフォリオ

「投資コラム」の人気記事トップ3

東証プライム企業一覧とプライム落ち銘柄一覧【最新版】を大公開。 さらに随時、東証プライム企業一覧・東証プライム脱落の企業一覧(プライム落ち銘柄一覧)の最新情報を更新していきます。 ※追記:2022年1月14日、東証プライ […]

東証プライム企業一覧

ETFS天然ガス上場投資信託はなぜ安い? そんなことが言えなくなる時代が来るのかもしれません… 2022年2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻の影響を受け、コモディティ価格が軒並み上昇しています。 天然ガスも例外では […]

天然ガスETF

大引けの大量買い、出来高が急増する理由を投資診断士が解説 (最終更新日:2021/12/1、元記事:2018/10/17) 歩み値の15時を見ると、大引けに大量買いがいつも起きています。なぜでしょうか? 良いところに気づ […]

出来高急増

よく読まれているブログ

最新のブログ

ブログ記事を検索する

よく検索される注目キーワード

おとなの株ラウンジの管理人

「おとなの株ラウンジ」運営責任者。日本株投資歴15年。投資診断士。テクニカルアナリスト一次試験合格!バフェットとPリンチが心の師。リーマン・ショックで運用資産半減⇒1度は株から足を洗うが、バリュー投資+テクニカル投資で復活。バリューグロース+テクニカルを組み合わせた投資が得意。座右の銘は未練残すな、金残せ
【note始めました】
初回は22年後半も期待の海運株を紹介しています。
note記事「業績絶好調!まだまだ伸びる海運株」

人気のブログランキング

東証プライム企業一覧

1

テンバガー候補 2022

2

米国株 テンバガー候補

3

天然ガスETF

4

出来高急増

5

BNF 小手川隆

6

メタバース銘柄 本命 日本

7

増し担保解除

8

MACD 設定

9

スキャルピング 手法 コツ

10

カテゴリー

免責事項 掲載している情報や口コミについては、万全を期しておりますが、その内容の安全性や正確性などを保証するものではありません。
ならびに、当サイト介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。
万一、外部ウェブサイトの利用につき問題が生じた場合、
その責任はリンク先の外部ウェブサイトが負っていますので、外部ウェブサイトと利用者ご自身の責任で対処してください。

ストキャスティクス(Stoch)とは何か?%K、%Dって何?分かりやすく解説

知っておくと便利な株用語

ストキャスティクス(Stoch)とは?

ストキャスティクスとは逆張り指標のこと

ストキャスティクス(Stoch)の画像

ストキャスティクスとは 一定期間の価格範囲と終値の位置との比較で相場の行き過ぎを推測する 逆張り指標のことです。

赤い線と青い線は何?

このうち、赤い線は %K というもので、青い線は %D というものです。

%Kとは何か?

%K=(現在の株価− 一定 いってい の期間での安値)÷(一定期間における高値-安値)

%K、%Dとは?

画像で示しているように%Kは 現在の株価が過去の一定期間の値幅の何%部分に位置するか ということを示しています。言葉では分かりづらいかもしれませんが、上の図を見れば意外と簡単に理解できると思います。

%Dとは何か?

%Dとは?

次に%D についてですが%D は%Kを3日平均したものです。3日平均することで、%Kよりも少し遅れて動くようになります。

ストキャスティクスから何が分かる?

ストキャスティクスを見ることで 株の買い時と売り時を判断することができます。 ただ、最初に逆張り指標とお伝えしたように買い時を判断する意味合いが強いです。

ストキャスティックス

ストキャスティックス

ストキャスティックスは、逆張りのテクニカル分析という性質を持っているため、利益確定は素早く行う必要があると考えられます。
これは、ストキャスティックスの手仕舞いのサインを待ち過ぎると利益を確定するのに出遅れてしまうリスクを意味しています。
また、オシレーター系の指標に一般的に言えることですが、強いトレンドが形成されたときに、ストキャスティックスは上下に張り付いてしまい機能できなくなることがあります。
その意味でも、ストキャスティックスは、相場の細かな波に反応して短期売買を行いトレードに向いているテクニカル指標ということがいえます。

はじめてのFXなら
FXブロードネットがおすすめ

FXブロードネットはお得なキャンペーンがあり、アプリや自動売買が使える

新規お申込み限定 キャンペーン実施中

最大20,000円キャッシュバック

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

ストキャスティクスとは?見方や使い方、注意点をわかりやすく解説

ストキャスティクスとは?見方や使い方、注意点をわかりやすく解説

出来高は「トレンド追随型指標」や「オシレーター系指標」の補完として用いられるテクニカル指標です。 ⇒テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 もくじ 出来高とは出来高の見方 .

テクニカル分析「ウィリアムズ%R」をわかりやすく解説

ウィリアムズ%Rはテクニカル指標の一つで、オシレーター系指標に分類されます。 ⇒テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 もくじ ウィリアムズ%Rとはウィリアムズ%Rの見方 .

テクニカル分析「RCI」をわかりやすく解説

RCI=順位相関指数はテクニカル指標の一つで、オシレーター系指標に分類されます。 ⇒テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 もくじ 順位相関指数 RCIとはRCIの見方 .

RSIとは?見方や使い方、注意点をわかりやすく解説

RSI=相対力指数は テクニカル指標の一つで、オシレーター系指標に分類されます。 ⇒テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 もくじ 株価チャートストキャスティクスとは RSIとは(相対力指数)RSIの見方R .

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の両方が必要な理由

株価分析の手法は、ファンダメンタル分析とテクニカル分析の2つに分けられます。 ファンダメンタル分析では企業の適正価格を知ることができ、テクニカル分析では売買タイミングを読むことができます。 両者を使い .

2~18歳まで児童養護施設で育ち、高校卒業後サラリーマンとなる。 銀行で勧められて買った商品がいわゆるぼったくり投資信託だと知り、投資や経済について探求。 お金にまつわる有益な情報を発信していきますので、末永くごひいきに。

チャート上でのストキャスティクスの見方についてわかりやすく解説

チャート上でのストキャスティクスの見方についてわかりやすく解説

ストキャスティクスは%K・%D・スムージングなど、初心者が扱うには設定が複雑ですが、マスターすれば 初心者でも有利なトレード ができるようになります。 トモヒロ FXストキャスティクスの最適な使い方とは? ストキャスティクスとは、一定期間中における現在価格までの上昇幅を0~100%の数値に置き換える.

大きなリターンが見込める

ストキャスティクスの別のメリットは、大きなリターンが見込めるというものです。

FXのトレーダーは1度の取引でできるだけ大きな利益を得たいと思うものですが、ストキャスティクスを利用すればそれも可能です。というのも、ストキャスティクスは『振り子』を意味するオシレーター系のテクニカル指標であり、 『逆張り』に利用できるか らです。

逆張りでは、市場が買われすぎなら『売り』、売られすぎなら『買い』のポジションを取ります。

ストキャスティクスを利用すれば、 価格が下落する直線のタイミングを見極めて逆張りし、大きなリターンを取ることが可能 となります。

ストキャスティクスの基本的な使い方と注意点

MT4を使っている方であれば、まずストキャスティクスをチャートに反映しなければなりません。ナビゲーターウィンドウから、『インディケーター』を選択肢、その中の『オシレーター』を選択します。あとは、選択肢にあるストキャスティクスを選ぶだけです。

このテクニカル指標の基本的な使い方は、『ゴールデンクロス』と『デッドクロス』です。

ゴールデンクロス とは、15%もしくは30%以下のゾーンで期間の短いラインが期間の長いラインを下から上に突き抜けることを指します。用いられている3つのラインは期間の短い順に%K、%D、スロー%Dとなっているので、もし売られすぎのゾーンで%Kが%Dを下から上へ突き抜けたなら強い『買い』のサインとなります。

一方で デッドクロス とは、70%もしくは85%以上のゾーンで期間の短いラインが期間の長いラインを上から下に突き抜けているクロスのことです。これは強い『売り』のサインと認識されます。

株やFXでは、ゴールデンクロスで『買い』、デッドクロスで『売り』と、逆張りに用います。順張りと比較して大きな利益を得られる可能性があるので、世界中の多くのトレーダーが好む使い方です。

一方、一定期間内に価格が指定したレートを上回るか下回るかを予測するバイナリーオプションでは、ゴールデンクロスで『HIGH』、デッドクロスでは『LOW』でエントリーすれば、勝率を高めることができるようになるでしょう。

ストキャスティクスの注意点

この特定の期間は任意に設定することができますが、基本的には 9日間 とされています。FX初心者の方は9日間のままストキャスティクスを利用するのがベストですが、FXやストキャスティクスに慣れてきたならこの期間を変更してより自分に合った分析を行うことも可能です。

もしより短期間での分析が行いたいのであれば5日間、ダマシの少ない分析がしたいという希望があれば14日間を利用するのがよいでしょう。

さらに『 ダマシ 』にも要注意です。ダマシとは ストキャスティクスによる予想と実際の市場の動きが異なること を指します。

加えて株価の高値が切り上がっているのにストキャスティクスの高値が切り下がっている場合には、『ダイバージェンス』が発生しているので、トレンドの転換が予想されます。

基本的には%Kと%Dの2つのラインに注目するファスト、%Dとスロー%Dのスローという分析方法がありますが、それに加えダイバージェンスに注目することで大きな利益を上げられる可能性があります。

初心者の方でもさまざまな方法で利用できるのも大きな魅力 の一つです。世界中のトレーダーがエントリーのタイミングを効果的に図り、より多くの利益を得られるようこの指標を用いています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる