初心者でもめざせ

相場分析の見極めに必要な4つの視点

相場分析の見極めに必要な4つの視点
佐々木

相場分析の見極めに必要な4つの視点

無料体験セミナーに参加する ボタンを消す

株式投資において最も重要なのは、
売り時を見極める「出口戦略」です

橋元アイコン

はじめまして、テクニカル先端技術研究所の橋元理夫です。

私たちが株式に投資するとき、「利益は大きく損失は小さく」を理想として収益を目指しますが、「言うは易く行うは難し」でなかなか思う通りにいかないのが現実です。

通常、株式投資というと上がる株を探す「入口」に注目しがちですが、実は本当に重要なことは、損益を確定する売り時の見極め「出口戦略」にあります。

ここでは、私が講座で教えているノウハウの一部を含め、「出口戦略」の重要性や株式投資の大切な考え方についてお話しします。

これから株式投資を始める方や、すでに始められている方にとっても、今後のあなたの投資人生における重要なヒントになると思いますので、是非ご覧ください。

こんな経験はありませんか?

上昇途中で目先の利益を優先するあまり、売り急いでしまった

売りタイミングが遅れて、せっかくの利益を目減りさせてしまった

損切りの決心がつかず、損失が膨らんで「塩漬け」にしてしまった

これは、あなただけに限らず多くの投資家が経験する「小さな利益と大きな損失」という現象です。

「小さな利益と大きな損失」は
なぜ起こる?

先を見通すことができないという不確実性が、「もっと上がるかもしれない」「今の利益を失うかもしれない」「損失が拡大するかもしれない」という感情につながり、「小さな利益と大きな損失」という現象を引き起こすのです。

「小さな利益と大きな損失」を解決する
<チャート可視化技術>を教えます。

これを解決する手段として、株式投資の世界には、先を予測することが可能な「ある技術」があります。

その手助けをしてくれるのが株価チャートを使ったテクニカル分析で、その分析結果を私たちの投資判断に役立つように、効果的に見せるのが<チャート可視化技術>です。

私の運営する株式講座では、この<チャート可視化技術>を株式投資の軸にしています。

<チャート可視化技術>の効果

<チャート可視化技術>を習得すると、投資判断の精度はぐっと高まり、もっと収益を目指しやすくなります。「小さな損失」が実現するので、大切な投資資金を守ることもできます。

投資家はみんな同じ悩みを抱えています

橋元アイコン

かつて私もそうでしたが、投資の世界では株式投資だけに限らず、みんな同じ失敗を繰り返し、同じ悩みを抱えています。

受講生の方とお話をしていると、失敗体験をよく耳にします。その中でも特に多いものが以下の事例です。

受講生さんからよく聞く失敗体験

このような失敗は誰でも経験していることで、あなただけに限ったことではありません。

その時の状況は様々なので、自分だけの問題と思われるかもしれませんが、何度も同じ失敗を繰り返したり、他の人たちも経験しているということは、その「根っこ」には何か共通した原因があるはずです。

投資で失敗する原因 1

投資家に共通する行動

ではなぜ投資で失敗してしまうのでしょうか。

株式投資で収益を得るための重要な鍵は、上がる銘柄を探して買う「入口」よりも、いかに適切なタイミングで売るかという「出口」にあります。

たとえば、今あなたが保有している株式に、次のような選択が必要だとしたら、どう行動しますか?

ケース1

アンケートの結果では、多くの人が確実に50万円を手にするAを選択します。

半分の確率で倍になる可能性があっても、人は利益を失うかもしれないという「不確実性」を避けようとします。

ケース2

Aを選択すれば、投資に失敗したという事実を今すぐ認めなければならず、アンケートの結果では、多くの人は損失を回避できる可能性に賭けてBを選択します。

この時、損失金額が自身の資産総額と比較して大きければ大きいほど、人は損失が確定するAを避けようとします。

このように人間には、利益が小幅であってもすぐに確保しようとし、損失は拡大する可能性があっても先延ばしにする傾向があることが分かっています。

損得が絡むと誰もが同じ行動をとってしまう

投資で失敗する原因 2

投資家心理の罠

従来、「人間の行動=合理的」だと思われてきました。

しかし、必ずしもそうではないということが、行動ファイナンスの研究結果で明らかにされており、投資における人間の行動には非合理性があることが証明されています。

その結果、多くの投資家は、心理的に早過ぎる利益の確保と、遅すぎる損失の処理という「投資家心理の罠」に陥ってしまうのです。

こうした行動(クセ)の繰り返しこそが、まさに「利益を急ぎ、損を先送りすることで人が株式相場で損をする」決定的な理由です。

人間は、利益を急ぎ、損を先送りする生き物

投資で失敗する原因 3

わたしたちの心の弱さ

目の前の利益確保を優先してしまう

価格が順調に上昇して利益が乗っている間は安心ですが、少しでも大きな値幅で下落すると、途端にこのまま下降傾向に転じて値下がりするのではないかと不安になります。

その結果、思わず目の前の利益確保を優先して、確定売りをする行動を取ってしまうのです。

この傾向のことを「トレンド」と言い、 上昇傾向を上昇トレンド、下降傾向を下降トレンドと呼びます。

価格の上昇が終わるまで待てない

価格は上昇するときには時間をかけてゆっくりと、下落するときには一気に下げる特徴があります。

そのため、価格の上昇が終わるまでじっくり待つことができず、小さな下げでも心理的な不安感から、目先の利益を優先して手放してしまうのです。

適切な判断ができない心の弱さ

投資で失敗する原因 まとめ

損得が絡むと誰もが同じ行動をとってしまう

人間は、利益を急ぎ、損を先送りする生き物

適切な判断ができない心の弱さ

では、どうすればいいのか?

橋元アイコン

このような時に、上昇トレンドが続いているのか、下降に転じる兆しがあるのか、あるいは下降トレンドに転じてしまったのかを「判断する手段」があれば便利です。

ここからはその「判断する手段」についてお話ししていきます。

失敗しないための方法-1

テクニカル分析

テクニカル分析とは?

何より先に学ぶべきことはテクニカル分析です。テクニカル分析は、過去の価格推移や出来高から将来の価格や方向性を探る手法で、投資の場面における人間の心の弱さを克服するために考案されました。

ブラックボックスをホワイトボックスに

テクニカル分析では、株価の動きをグラフ化した「株価チャート」を使います。

この状態を例えてブラックボックスとするならば、これをホワイトボックス化するために、可視化する必要があります。

「テクニカル分析を使って株価チャートを可視化する」これが解決に向けた糸口になります。

テクニカル分析で株式チャートをホワイトボックス化

失敗しないための方法-2

株価を動かすルール

株価が上がったり下がったりするのは、需要と供給のバランスによるものですが、多くの場面において株価はテクニカル分析のルールに従って動いています。

上昇し始めるタイミングや下落が始まるタイミング、上値や下値の目処はどの水準になるのかといったことも、ルール通りに反応するケースが多く見られます。

言い換えれば、テクニカル分析のルールに「株価は動かされている」と言っても過言ではありません。

例えば、2020年3月のコロナショックで株価が大きく下落しましたが、やがてある価格で下げ止まりました。

現象としては、需要となる買いが売りを上回ったからなのですが、あの3月の底なし状況において、なぜその価格で下げ止まったのでしょうか?

また、その後のリバウンドで値を大きく戻しましたが、その時の上値はなぜあの位置で頭打ちをしたのでしょうか?

その答えも可視化することで浮かび上がってきます。

日経225銘柄の動きを精査すると、実に約50%もの銘柄においてテクニカル分析のルール通りの価格でリバウンド後に頭打ちをしていたことが分かります。

このように、テクニカル分析は非常に有効性の高い分析手法なのです。

株価を動かしているルールを知る

失敗しないための方法-3

チャート可視化技術

結果がそうなるということは、株価を動かすルールを知って可視化できれば、将来の予測も可能だということになります。

最近は「見える化」という表現が広く使われるようになってきました。見える化とは「いつでも見える状態」にしておくことを指します。

私たちがスマートフォンやパソコンで見る株価チャートは、過去の株価の動きをグラフにして「見える化」された状態と言えます。

しかし、単に株価チャートが見えただけでは、私たちの投資行動に結び付くほどの情報は得られません。

ここで言う「可視化」とは、投資行動を起こす動機となり得る、分析的意味合いが濃い情報を能動的に見ることだと考えてください。

今、私たちに必要なのは、適切な投資判断を下せるまでに高めた可視化情報です。

可視化の先にあるものは?

橋元アイコン

株価チャートを可視化できれば、先々の見通しを立てられるだけでなく、心理的にも余裕をもって行動することができます。

この時に重要なことは、それぞれの局面に合わせた正しいテクニカル分析手法を使うことです。

上がる銘柄とは?

投資家心理の罠から解放されて、初めて銘柄を選定する意味がでてきます。

一般的には「上がる銘柄」という表現をすることも多いですが、これは非常に曖昧な言い方です。

しかし、可視化によって上がる可能性を追求することは可能です。

これをテクニカル分析の視点で言い換えると、「上がる可能性が高く、買いポイントが明確に分かる銘柄」と定義できます。

「損切りをしなければならない売りポイントが分かる銘柄」も可視化することで見極めることができます。

以上のように、テクニカル分析によって可視化した情報で、効率的に投資を繰り返すことができるならば、最初に紹介したような失敗を繰り返すことなく、心理的にも不安や迷いのストレスから解放されるようになります。

管理人 翔のプロフィール

PCで見ている方は下のQRコードをスマホのカメラで読み取ってください。

今すぐ非公開サイトのアクセス権をGET!!

The 1st. Project

The 2nd. Project

The 1st. Project ついに始動!!

読者さんからのアンケート結果をもとに、自力で稼ぐことのできる【裁量トレーダー】になるための、具体的な学習用コンテンツを作成しました。

まずは動画メッセージを聞いてください。(▶を押すと再生されます)

動画で言っていた非公開サイトの詳細は、下記の画像をクリックすると見れます!

【The 1st. Project 裁量トレーダーへの航海】

The 2nd. Project 相場参加者の心理

テクニカル分析だけでは見えない【相場の本質】を読み解くための学習用コンテンツが、ついに完成しました!

【The 2nd. Project 相場参加者の心理】

The3rd.project 変貌を遂げる投資への挑戦

常識のアップデートを怠るな。

自分にそう言い聞かせてきた。

世界が大きく変貌を遂げる中、

生き残るために必要なのは、

強さではない。

いかに変化に適応できるか?

そして、それは投資も同じこと。

【The 4th.project 資産家への軌跡】

『裁量トレード×自動売買』

【The 4th.project 資産家への軌跡】

人気の記事

FX初心者必見!!FX入門 やり方・始め方

FX専業トレーダーのPC環境 マルチモニターって必要?

求む!FXのダウ理論を本気で学びたい方

ダウ理論とは ”ダウ理論でチャートの見え方が大きく変わる” このダウ理論はチャールズ・ダウさんが提唱した市場での値動きを評価する.

このLINE@はきっとあなたの役に立つ

お金を稼ぐための学習なのに、なぜか継続できない。 ゆっくり丁寧にFXの学習を進めたい。 こういった方々のために僕が心を込めて作成しました。 .

FXとは?初心者じゃない人も意外と知らない事実!

FXとは?初心者にもわかりやすく教えて!! ここでは FXの取引はどのような仕組みでお金を増やすのか? 逆にどうすると損す.

必ずチェック!!勝ちトレード公開中

マジで見る価値あり!!

ストキャスティクスの使い方・計算式|投資銀行出身のトレーダーが解説

ストキャスティクス

相場でポジションを持つときには順張りと逆張りという2通りの方法があり、方法次第で役立つ指標は変わってきます。
順張りは、上昇(下落)している相場に対し、買い(売り)のポジション、すなわち同方向のポジションをとることを指します。
一方、逆張りは、上昇(下落)している相場に対し、売り(買い)のポジション、すなわち反対方向のポジションをとることを指します。
このように、順張りと逆張りは性質上真逆のエントリー方法であり、相性の良いテクニカル指標もはっきりと分かれます。

ストキャスティクスは、 逆張り指標に属する代表的なテクニカル指標 です。それでは、逆張り指標であるストキャスティクスは実際にどのように使うのかについて見ていきましょう。

1-2. 売られすぎ買われすぎの判断に役立つ

ストキャスティクスは、過去の値動きを参考に、 現在の価格が売られすぎか買われすぎか を算出するテクニカル指標です。

ストキャスティクスとは

上記の画像のように、ストキャスティクスのラインが上部に位置していると買われすぎ、逆に下部に位置していると売られすぎ、といった判断をします。

1-3. レンジ相場で機能する

ストキャスティクスのような逆張り指標は、一般的にレンジ相場で力を発揮します。レンジ相場では一定の上値や下値の間を行ったり来たりする値動きになりますが、その上値下値の判断に役立つのが逆張り指標であるためです。

2. ストキャスティクスの種類とパラメータの設定

どれを使うかは手法によってさまざまです。それぞれの特徴について見ていきましょう。

2-1. 相場によって使い分けることが必要

%K、%D、Slow%Dは、 計算の元となるデータの期間が違います 。簡単に説明すると、%Kは短期、%Dは中期、Slow%Dは長期のデータを示すものです。

短期的な細かい値動きを捉えるトレードであれば%Kを、全体の大きな動きを捉えるトレードであればSlow%Dを使うといった感じです。

ストキャスティクスの使い分け

一般的には、上記のように 3つのラインのうちの1つもしくは2つを使用 し、トレードの判断基準とします。ストキャスティクスのラインが上部に来れば買われすぎ、下部に来れば売られすぎ、といったように判断する、という使い方が一般的です。

また、ラインを2本使用する場合は、ラインが交差するタイミングを売買のサインとして使用することもあります。このラインの交差を、 ゴールデンクロス または デッドクロス と呼びます。

一般的に、%Kと%Dを表示したものをファストストキャスティクス、%DとSlow%Dを表示したものをスローストキャスティクスと呼びます。

ファストとスローは小さな値動きに対する反応の大きさなどが異なります。どちらが優れているなどは一概には言えませんが、より 短期的な取引をするのであればファストストキャスティクス長期的な取引であればスローストキャスティクス を使用してみるとよいでしょう。

2-2. 実際の仮想通貨取引所での使い方

メジャーな仮想通貨取引所であるBitMEXbitbankなどでは、%Kと%Dの2本のストキャスティクスを採用しています。

デフォルトでは14本分のローソク足から計算してラインを描きますが、設定により変更することも可能です。設定次第では1本線にすることも可能なので、相場や取引スタイルに合わせて柔軟に使用するとよいでしょう。

2-3. それぞれのラインの計算方法

ストキャスティクスの計算方法

X、Y、Zはそれぞれ一般的に9、3、3が使用されます。計算式だけ見るとややこしく見えますが、直近の一定の期間内で最新の足に勢いがあるかを計る計算式です。

3. ストキャスティクスの発展的な使い方

上述したストキャスティクスの使い方は基本的なものですが、ここからは発展的なストキャスティクスの使い方を紹介します。これらのテクニックを知っておくことで、 上級者のトレード に一歩近づくことでしょう。

3-1. ダイバージェンス

ダイバージェンスとは、以下の画像のように、実際の価格は高値(安値)を更新しているにもかかわらず、 ストキャスティクスの数値は高値(安値)を更新していない現象 を指します。

ストキャスティクス(ダイバージェンス)

このような場合、見た目上は強いトレンドで推移しているように見えたとしても、 実際は勢いを失っている 相場分析の見極めに必要な4つの視点 ことがあります。実際、上記の画像でダイバージェンスを確認したのちにショートエントリーしていれば、利益が取れています。

このように、ただストキャスティクスの交差や数値だけでなく、ダイバージェンスを意識することも重要です。

3-2. スパイクトップ

続いて紹介するのは スパイクトップガービッジトップ です。この2つはストキャスティクスの開発者であるジョージ・レーン氏の提唱する活用法であり、 単純な手法ながら精度の高いトレード が可能です。

ストキャスティクス(スパイクトップ)

上記の画像のように、 一定の水準を一度上回った(下回った)時にエントリーする という単純な手法です。相場によってエントリーする水準を見定めたり、レンジ相場での使用に限るといったやり方を取ったりすることで、より精度を上げられます。

3-3. ガービッジトップ

ガービッジトップは、一定の水準を上回った(下回った)エリアで %Kが%Dを2度下回る(上回る)ときにエントリーする という手法です。

ストキャスティクス(ガービッジトップ)

スパイクトップに比べエントリー条件が厳しい分、一定の水準を緩く設定することも多いです。ガービッジトップには上述したダイバージェンスの考えが取り入れられていて、さらに 精度のよいエントリー を可能にしています。

4. ストキャスティクスと相性の良い指標

4-1. RSI

まずはストキャスティクスと並んで有名な逆張り指標であるRSIについて解説します。

RSIは 買われすぎ売られすぎを1本のラインで示す指標 です。ストキャスティクスは高値安値を重視するのに対し、RSIは一定期間内の値幅に着目して計算するものなので、同じ逆張り指標でも少し違ったラインを描きます。

4-2. RCI

RCIはRSIと名前は似ていますが、その特徴は大きく異なる指標です。直近のローソク足の値幅を、過去の一定期間の値幅と比較し、 勢いがあるほどラインが上下に寄るという指標 です。

ストキャスティクスやRSIはトレンド相場になるとあまり機能しなくなる傾向にありますが、RCIは期間をうまく設定すればトレンド中の押し目を拾う際に活躍します。

4-3. ボリンジャーバンド

最後に紹介するのはボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドは非常に有名なテクニカル指標で、標準偏差により 価格が分布しうる領域を確率ごとにチャート上に描く というものです。

逆張り指標としても優秀ですが、値動きによって変化していくボリンジャーバンドの幅や傾きによってトレンド相場かレンジ相場かをある程度見極めることが可能です。相場の状況を正しく認識することが重要なストキャスティクスにとって、 レンジ相場かの見極めは非常に重要 です。

ストキャスティクスが有効かどうかを判断しやすいという点で、ボリンジャーバンドは ストキャスティクスと非常に相性の良いテクニカル指標 といえます。

住みたい街として注目されている本厚木|街の特徴や人気の理由をチェック

多摩境に住みたいと思う人が多いみたいですが、どんな街ですか?あと、自分にとって住みやすい街かどうか判断したいので、家賃や治安など必要な情報を教えてください。 といった悩みにお答えします。 本記事の内容 人気急上昇中の多摩境の魅力とは? 多摩境周辺で休日に行きたいスポット 多摩境の生活環境を3つの視点から分析 多摩境暮らしのメリット・デメリット 「住みたい街ランキングに入ってる多摩境ってどこ?」 「多摩境って何があるの?」 「多摩境って住みやすい?」 ここ数年で注目度が急上昇している多摩境をご存知でしょうか .

住みたい街としてじわじわと人気を伸ばしている北千住の魅力を解説

北千住に住みたいと思う人が多いみたいですが、どんな街ですか?あと、自分にとって住みやすい街かどうか判断したいので、家賃や治安など必要な情報を教えてください。 といった悩みにお答えします。 本記事の内容 住みたい街に選ばれる北千住の魅力とは? 相場分析の見極めに必要な4つの視点 北千住が治安悪いは過去の話?北千住の治安が改善された理由 北千住の生活環境を4つの視点から分析 北千住暮らしのメリット・デメリット 「北千住ってどんな街?」 「住みたい街ランキングにランクインしている理由は?」 「足立区って治安が悪いイメージだけど、実際どうなの?」 .

住みたい街ランキング上位の常連八王子!その魅力を徹底特集

八王子に住みたいと思う人が多いみたいですが、どんな街ですか?あと、自分にとって住みやすい街かどうか判断したいので、家賃や治安など必要な情報を教えてください。 といった悩みにお答えします。 本記事の内容 借りて住みたい!買って住みたい!とにかく人気な八王子の魅力とは? 八王子近郊のレジャースポットを大特集! 八王子の生活環境を4つの視点から分析 八王子暮らしのメリット・デメリット 「八王子はなんでいつも住みたい街ランキングに入っているの?」 「八王子ってどんなところ?」 「八王子って郊外だから不便じゃないの .

仙川はおしゃれな街に住みたい人におすすめ!その魅力を解説

仙川に住みたいと思う人が多いみたいですが、どんな街ですか?あと、自分にとって住みやすい街かどうか判断したいので、家賃や治安など必要な情報を教えてください。 といった悩みにお答えします。 本記事の内容 仙川はなぜ人気の街?その魅力とは 「京王線の自由が丘」と称される仙川のおしゃれスポット 仙川の生活環境は?3つの視点で分析 仙川で暮らす人のメリット・デメリット 「仙川はおしゃれな街だって本当?」 「仙川のおしゃれスポットが知りたい」 「仙川の魅力は?」 おしゃれな街での暮らしには憧れますよね。 おしゃれな街 .

住みたい街小岩は圧倒的な地元感を感じられる街!その魅力を解説

小岩に住みたいと思う人が多いみたいですが、どんな街ですか?あと、自分にとって住みやすい街かどうか判断したいので、家賃や治安など必要な情報を教えてください。 といった悩みにお答えします。 本記事の内容 住みたいという人が増加している小岩の魅力とは? 小岩の5つの商店街を総力特集! 小岩の生活環境を3つの視点から分析 小岩暮らしのメリット・デメリット 「小岩ってどんな街?」 「小岩って住みやすいの?」 「小岩は治安が悪いって本当?」 相場分析の見極めに必要な4つの視点 住みたい街として少しずつ人気を伸ばしてきている江戸川区の小岩。 転居を検討さ .

社風が合わないとストレスで辛い!成功者300人が使った社風の見極め方

社風が合わない人向けに転職成功方法

佐々木

ゆり

佐々木

そこでまずは、 社風が合わないことが理由で転職すべきかどうか についてお伝えしていきます!

仕事が辛いなら 環境をリセット して、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

特に 今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう 可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数 671 人!

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

社風が合わないことが理由で転職しても大丈夫?

ゆり

佐々木

もちろん、 社風が合わないというのは立派な転職理由 です!

会社に馴染めないのは、気づかないうちに大きなストレスが溜まる

特に新卒社員をはじめ、中途入社でも 「まだ入ったばかりだし、もう少し我慢しよう」 と思いがちですが、その考えは非常に危険です。

そのため、辛くて限界なら一度 「転職のプロ」 相場分析の見極めに必要な4つの視点 に相談してみてはいかがでしょうか。

  • 全員におすすめ
    『リクルートエージェント』
    【公式】https://www.r-agent.com
  • 20代に特におすすめ
    『ハタラクティブ』
    【公式】https://hataractive.jp/
  • 30代に特におすすめ 相場分析の見極めに必要な4つの視点
    『マイナビエージェント』
    【公式】https://mynavi-agent.jp

限界が来る前に、プロに相談を聞いてもらうのをおすすめします

ゆり

佐々木

社風が合わないことを相談すれば、 どう言った雰囲気の会社があなたに合っているか、あなたが社風を気にすることなく働ける転職先の紹介 などを行ってくれるでしょう。

佐々木

  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/

合わない社風でよくある例

佐々木

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる